HOME
INDEX
RSS
 | 

物件紹介のテレビ放映

昨日は「入居者募集のネット動画」について書いたところ、普段より多いアクセスを頂きました。

そこで今度は、物件紹介のテレビ放映をしていただいた先輩大家さんのことをお知らせしましょう。

コロビビはよく「物件キャッチ・アイ」を見るのですが、この時も結構有名大家さんの物件が紹介されています。

ここまでメジャーな番組に取り上げて貰う必要は無いのですが、それでも繁忙期に放映される地元の情報番組なんかに取り上げられるといいなあなんて思っていました。

しかし、紹介されるのはほとんどが大手の新築マンション

…これはスポンサーとの関係で紹介されてるんだなと感じますし、もともとCMをバンバン流している物件なのでコロビビみたいな弱小大家には無縁だと思っていました。

もちろん放映された先輩大家さんの物件も新築である程度のボリュームがあるものだったし、これが全部埋まった場合の仲介業者さんの利益はかなりのものです。

今回このお話も、仲介業者さん経由で来たのだそうです。

放映は深夜の番組でしたが、それでも長い時間をかけて放映されていました。

物件の魅力を伝えるのには十分でした。

これだけ聞くと
「さぞや、たくさんの問い合わせがあったのでは?」
と思うのですが、放映された週には、番組を見たという問い合わせはまだ無いとのことでした。

…というのも取材を受けたのは、放映される数週間前。

この後すぐに放映されれば、ちょうどいいタイミングだったそうですが、放映された時点ではもう既にほとんどの部屋に申し込みが入っていたのだそうです。

それでも後数部屋残っていたので、そこの申し込みに結び付けばいいなと言うぐらいの感じだったようです。

あれからまた時間が経っているので、放映を見た方からの問い合わせはあったのかもしれませんが、いくらテレビ放映されてもタイミングが合わないと効果も様々なのですね。

確かに大手のマンションは、ちゃんとタイミングを図って紹介番組に登場していますよね。

ここにもちゃんとお金が使われているのでしょうし、一棟丸ごとの一カ月分の広告費を使って戦略的に販促活動をすることも可能です。

昔は新築マンションでこんなに広告費をかける必要も無かったのでしょうが、新築マンションが乱立するようになったコロビビの住んでいるエリアでは、新築といえども満室にもっていくにはいろいろな戦略が必要になってきています。

コロビビは大きなマンションを手掛けたことは無いのですが、もし今後そんな機会に恵まれたのなら、入居付けについてもいろんな手を打っていきたいなと思いました。

さて繁忙期も残り僅か…。
満室になったからこんなにのんびり出来ますが、そうでなければ焦っている頃です。
ホントは長く住んで頂くような物件を手にするのが一番いいのですがねえ。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










入居者募集のネット動画

閑散期でも問い合わせが多かったRCでしたが、繁忙期では新規ライバルの新築マンションも多い中、こちらも順調に問い合わせを頂くことができました。

これはネット広告に間取りのよさを前面に出していったお陰だということは以前も書きましたが、今回の募集では、とある仲介業者さんがネット動画を撮影して下さいました。

コロビビも最初は気付いていなかったのですが、やっぱり動画があるとつい見たくなりますね。

浴槽が広い様子は、動画が尻切れトンボになっていてお伝えできていなかったのが残念でしたが、それでもこれだけ手間をかけて紹介していただけるのはありがたいことです。

薄利で運営いしている新築不動産投資では、広告料って結構経営を圧迫します。

しかし以前もアパートの写真を撮影に来られた仲介会社の社員さんにお会いしたり、作成してくださった動画を目にしたりすると、その対価として差し上げるのも納得します。

たくさんの店舗を維持し従業員を雇って、テレビのCMもバンバン流している訳ですから、そりゃあかなり経費もかかっているはずですよね。

でも、昔はこんなに派手にCMを流したりしていませんでしたよね。

今は仲介業者さんが多すぎて、競争も激化している感じがします。

オーナーの正直な気持ちとしては、もう少し広告料は少ない金額だといいなというのはあります。

だって入居希望者としても初期費用は、日本は高すぎると思うからです。

仲介業者がもう少しスリムな業界になってくれるといいのですがねえ。

頑張ってくださる社員さんも、過度な競争に晒されることなく働けるといいのになと思いました。

確定申告がやっと終わりました。
いつものようにギリギリですねえ。
もっと早くから取りかかればいいんですけれど…
何だか夏休みの宿題みたいですね。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





綺麗な女友達

先日も書きましたが、アパートは若者に人気の駅近物件。

「恋人や友達を呼びたくなる部屋」
がコンセプトなのですが、その通りに若い人の出来りが多いです。

先日もプランターの花の手入れをしていると、若い女性の方の明るい話声が聞こえてきました。

挨拶されて振り向くと若い女性の方が3名、アパートから出て来られました。

皆さんお洒落をしていて、とっても綺麗な方ばかり…。

働き出して2~3年、

一人暮らしを始めて自由な生活を謳歌している感じです。

この日はアパートに住む友達の部屋に集合して、この後ショッピングや食事を楽しむ計画の様です。

そういえばこのアパートは駅にも近いので、集合場所としても重宝に使えるのでしょうね。

みなさん、凄く楽しそうでした。

RCはプチシニアマンションと化していて、男性の入居者の方が多いので、植栽はグリーンリーフの組み合わせにしています。

しかしアパートの方は若い方や女性の方も多いので、グリーンだけではなく花の寄せ植えをしている訳です。

特に今は春に向けていろんな種類の花が出ているので、寄せ植えをするのも楽しいし、見た感じもとても華やかになります。

そういえばコロビビが若いころ住んでいたマンションには、何故かアロエがたくさん植えられていましたねえ。

なんでだったんだろ?

この日お会いした入居者様が、数年後引っ越しをしたとしても、
「若い時住んでたアパートは、いつも花が綺麗だったよね。」
と思っていただけると嬉しいですね。

東日本大震災から6年…。
今でも考えさせられることが多いですね。
直接の被害はありませんでしたが、あの日感じた恐怖は忘れないようにしたいです。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




もしかしてターゲットを間違えたのか?

昨日プチシニアハウス化したRCのことを書きましたが、超激戦区なので、これはこれで結果オーライの様な気がします。

とにかく申し込みをくださった方は、他の豪華なマンションに目もくれず、コロビビのマンションを気に行ってくださったのですから。

若者に人気のエリアであるのですが、実はファミリーや御年配の方も多く住んでいらっしゃるエリアではあるのです。

家賃が高いので、そこに住み続けられるという方はやはりそれなりの収入や資産をお持ちの方になるのでしょうね。

若い女性に人気のエリアと言うことから出発して計画でしたが、昨日も書いた様にあれやこれやで計画変更…。

差別化を図るという意味で、小さなところにも配慮した上質な造りにしたのですが、そのよさが分かるのはやはりある程度の経験を重ねられた方ばかりでした。

多分初めて部屋を借りる人は、窓が二重サッシになっているかどうかも気にかけないのでしょう。

もしかしたら
「こんなに豪華で素敵なマンションだもの、きっと二重サッシになってるに決まってる。」
との思い込みがあって確かめもしないのかもしれません。

しかし大型マンションであればある程、ここでかなりの費用を浮かすこともできるので、決して二重サッシが当たり前だとは限らないのです。

それにオートロックは当たり前でしょうが、玄関ドアの鍵が一つしかついていないマンションもあります。

オートロックであることで安心しているのかもしれませんが、オートロックと言っても侵入は簡単にできます。

ましてや大型マンションは入居者だけでも出入りが多い訳なので、やはりダブルロックであることが必要なのだと思うのですが、こんなところでも費用を浮かしていくのです。

まだまだたくさんあるのですが、何度も部屋を借りた経験がある人は、そんなところもちゃんと見ているのですね。

でもこれって凄く地味な良さなので、多分若い方に説明しても
「ふ~ん…」
という感じなのではないでしょうか。

しかしコロビビが同じように費用を削ってチープなマンションを造ったとしても、1LDKでは採算が取れなかったでしょうね。

当初の計画通り鉄骨造にしていたとしても、当時鉄骨の価格が急上昇していたので、そこまで安くは建設できなかったのです。

家賃の安さで差別化を図っていっても、結局消耗戦になっていったような気がします。

ただこの売り手市場を生かして高値で売り抜けることは可能だったかもしれませんが…。
まあ、これは完全にタラレバの話です。

ターゲットを間違えて建築してしまった感があるコロビビのマンションですが、上質な小さな隠れ家マンションというコンセプトはなかなか無いので、これはこれでよかったのかもしれません。

今後はプチシニア層を狙って経営をしていくほうがよさそうですね。

森友学園問題、買い戻して更地にすればいいってもんじゃないですよね。
こっちはこれだけ不動産取引や賃貸経営で税金を支払っているのに…と割り切れない思いがあります。
補助金6000万だなんて…ちゃんと解明して欲しいです。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





まるでシニアマンション?

先日申し込みを頂いたことをお知らせした超激戦区のRCマンション。

申し込み頂いた方の詳しい情報を伺うと、今回も若い方ではありませんでした。

以前も書きましたが、もともとこのマンションは
「ペットと暮らすキャリアウーマン」
をターゲットに造ろうというのが出発点でした。

計画当時は超激戦区と言っても1LDKは少なく、もちろん新築でペット可と言うマンションはほとんどありませんでした。

世間も景気が少し上向きになってきているときだったので、キャリアがある女性が安心してペットと暮らせるマンション…というのは需要があるとふんだのです。

しかし計画が思ったように進まずそうこうしている間に、新築マンションラッシュに巻き込まれ、1LDKはエリアに溢れかえるようになりました。

ペット可の新築マンションも増え、それだけでは差別化が図れない状況です。

やっと建築計画が進みだしたのですが、建築費の高騰で、女性向けのお洒落なタイルが使えない状況に!

そこで一気にスタイリッシュな男性好みの外観にすることになりました。

おりしも若者の賃金は上がらず、結果としてこの強気の家賃を払える方は、シニア?とまではいきませんがある程度の年齢の方ばかり…となってしまいました。

しかし期せずして同じぐらいの年齢の方ばかりになったことで、逆に安心して暮らして頂ける環境になったかなと思います。

アパートの方はエリアの状況や家賃帯からしても若い方が多いのですが、そうなるとどうしても恋人や友人の出入りが多くなっています。

こちらは
「友達を呼びたくなる部屋」
というコンゼプトなので、これはこちらの狙い通りになっているのです。

しかし、ある程度の年齢の方でしかも単身赴任の法人契約が多いRCに若者の出入りが多いとなると、いくら遮音性が高い造りとはいえ、落ち着かない感じがしてしまいます。

なので、今回の入居者の方も同じ年代の方で安心しました。

でもこれって偶然でしょうか?

あの家賃が払える方の年齢が限られているということが一番の理由なのでしょうが、もしかしたらあのマンションの地味な良さが分かるのは、ある程度の年齢の方でないと駄目なのかな?とも思います。

これってどうなんでしょうねえ…。

森友学園、あの建て物が7億で建つ訳ないじゃん!というのが最初の感想です。
もし7億で建つなら、その建設会社を紹介して欲しいと思っちゃいました。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR