HOME
INDEX
RSS

メガ大家さんの力量の差

昨日お知らせした先輩大家さんの新築アパート見学会の報告です。

この大家さんはコロビビなんか足元にも及ばないほどのメガ大家さんなのですが、そんな方が、コロビビのような弱小素人大家にもいろんなことを教えてくださるのです。

ホントに有難いことです。

腰も低く穏やかな方で、メガ大家さんといっても威張ったり自分の力を誇示されたりすることなど全くありません。

う~ん、「人柄が良い情報を呼び込む」という典型ではないでしょうか。

あまりに持っている資質が違いすぎるので、メンターにはなり得ないのですが、それでも勉強になります。

例えば一つの物件の空室が増えると厳しく管理会社に意見を言うのだそうです。

膨大な部屋数を抱えていても決して人任せにされていないことに驚かされました。

もちろんメガ大家さんだからこそ管理会社に強く言える…という面もありますよね。

さて、見せていただいたアパートは、思った通りアパート業者が建てるようなデザインとは違って、差し色も効かせたスタイリッシュなものでした。

若者をターゲットにしているので、これくらいはっきりしたデザインの方が好まれると感じました。

しかも、一点輸入物のタイルを使っていたりするので、木造でも高級感が出ます。

部屋はこれまでも見たことがあるスキップフロアの間取りでしたが、このエリアではまだ少ないということで競争力があるそうです。

学生ならこの広さでも使い勝手がいいだろうなと感じました。

でもコロビビの物件があるエリアでは既に乱立していて、この広さのスキップフロアの部屋は苦戦しています。

しかも学生ではなく社会人相手だと、やはり狭さがネックになってしまうのです。

似たような家賃の1LDKに流れてしまうのですね。

もう一つ素晴らしいのは土地を安くで手に入れることができることです。

なので、このタイプの学生向けアパートやファミリー物件などを次々に新築していくことができるのです。

今は銀行から1%程度で借りることができるので、建設費が高い今でも採算が合う物件に仕上げることができる訳です。

もちろん他にもいくつか採算が合う物件に仕上げることができる理由があるのですが、あまり詳しく書く訳にはいかないのが残念です。

とにかく学べたことは、採算が合えば将来のことをあれこれ心配することなく建設し戸数を増やしていくことで優位性を保っているということでした。

これはもちろんドミナント手法が肝になります。

この辺りの考え方はコロビビにも当てはまるので、心強く感じました。

やはり土地勘が無いエリアでの不動産投資は怖いという考え方は、メガ大家さんでも持ってらっしゃいました。

リタイアまで後数年。

その頃は不況になってきていることでしょうし、その辺りから、物件を増やしていこうと思ってます。

人脈を少しずつつくっていけていることだけは成功しているコロビビです。
これが次のステージに進む時に大きな力になりますねえ。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR