HOME
INDEX
RSS

カーテンレールを貰っちゃいました。

今、ハウスクリーニングをしている物件はほとんど自分で清掃も備品の取り寄せもしているのですが、ネットで取り寄せる時にちょっともったいないなと思うのが、送料です。

ちょっとした部品が必要な時に、その部品の数倍も送料がかかるのです。

なので、なるべく専門店舗に在庫がないものかと思って、連絡を取ってみています。

まずはホームセンターで探すのですが、微妙に形状が違っていたりするので、メーカーやその型番を調べて探しに行きます。

先日はカーテンレールのエンドキャップを探しに行ったのですが、探していたメーカーのものはありませんでした。

カーテン専門コーナーでは取り寄せをしていただけるそうなのですが、ある店では数が揃わないとダメだと断られました。

別のお店では大丈夫だったのですが、取り寄せに時間がかかってしまうとのこと。

調べて貰うと入居予定日までギリギリのところです。

そこで、カーテン専門店に在庫が無いか問い合わせることにしました。

するとちょっと離れていた場所でしたが、そのメーカーのエンドキャップがあるとのこと。

最初は無いとのことでしたが、
「ちょっと待ってて下さい。メーカーは違うけれど、ほとんど同じ形のものがあるはずだから…」
といって、探して下さったのです。

すると探しているうちに同じメーカーのものが見つかったということでした。

なんて親切な方なのでしょう。

お礼を告げて、早速車で出かけました。

初めて行くような場所でしたが、ようやくその小さなオーダーカーテンのお店を見つけました。

「電話で問い合わせをしましたコロビビですが…」
とお店に入っていくと、店長さんが出て来られて長いカーテンレールを持って来られました。

そして
「これ、立てかけて置いていたんでこっちのエンドキャップにキズが付いていたから、差し上げますよ。」
とおっしゃるのです。

「ええ?!いいんですか?」
と話すと、
「いいですよ。お近づきの印です。」
と言って、名刺を差し出されました。

実は電話でもランナー8個とエンドキャップ一つを探していることをお話していたのですが、カーテンレールごとタダでくださるというのです。

「マグネットもあげましょうか?」
とおっしゃるのですが、今回は小さな窓の分が必要なだけだったし、そこまで甘える訳にはいきません。

丁寧にお礼を伝えてカーテンレールを車に積み込みました。

車にハウスクリーニング用のコンテナや高圧洗浄機などを積み込んでいたので、
「なにかの事業をされているのですか?」
と尋ねられました。

「いえいえ、大家をやっているんです。こんな取り替えも自分でやってるような弱小大家です。」
と答えると、
「ああ、最近は敷金や礼金、厳しいですからね。」
なんて言われました。

ホントです。

この部品自体の価格は数百円。
でも送料は何故か1800円

この1800円を浮かすために、いろいろ動く訳なのです。

お陰で今回は全部がタダで手に入りました。

しかも一つ親切なカーテン屋さんとも知り合うことができました。

こんな風に泥臭いことの積み重ねが、大家業なのかなと思っています。

福島の地震は大きな被害が無くても、建物への影響って無いのでしょうか?
耐震基準を満たしていれば大丈夫なのでしょうか?
あちらで物件を保有されている方は、リスクが大きいのでは?と思ってしまいます。
因みに津波とかあると、沿岸部の物件の融資が厳しくなる…なんて話も聞きますよねえ。
どうなんでしょう?
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR