HOME
INDEX
RSS

学生向け賃貸の衰退

今は最後の売り手市場としていろいろな物件がネットにも出ています。

よく見るのは築浅アパート。

築5年で売却というのはよくあるパターンですが、これってどうなんでしょうね。

売る側は今は高値で売れるのでキャピタルゲインが出ているでしょうが、買う側はこれからどうなっちゃうんでしょう?

人の心配をしている立場ではありませんが、新築RCでも7~8%でイケるのに、築5年で7~8%なんて…。

どうせ同じ様な新築アパートが近くで建ってしまえばその家賃では入居は難しくなるでしょうし、そうなれば利回りは更に下がってしまいます。

築古の良さは利回りが高いということなのに…と首をかしげます。

そしてもう一つよく見るのは、大学の周辺に建てられた学生向けの物件です。

さすがに木造となると利回りは高いのですが、既に数十年前から学生向けでも鉄骨造やRCの物件も増えていて、それが今築20年前後で中古市場に出てきています。

利回りはやはり8%ぐらいなのであまり旨みはありません。

しかし学生向けなので一部屋があまり広くないせいで、10戸前後の物件だと総額も大した金額にはなりません。

つまりサラリーマン大家でも手が出やすい価格になるのです。

しかもRCなので融資も出やすくなります。

さあ、これなんかどうなんでしょうね?

その大学はこれからも学生が減ることはない人気大学なのですが、もう学生は大学の近くには住まなくなっているのですよねえ。

少し田舎の大学の近くより、バイトがたくさんある便利な近隣のエリアを選んでいるようです。

しかも学生向きの狭い古い設備の物件に入らなくても、新築物件は近隣に溢れているのです。

そうなると前述のRCには誰が入るのでしょうか?

家賃を下げて新築物件よりお得感を出すことで、生き残るしかありません。

かろうじて収入の低い若いサラリーマンも入居が見込めるエリアではあるので、需要があるかもしれません。

はっきりしていることはもう学生の需要を見込んでの購入は難しいということ。

もう少し広かったら…。

もう少しビジネス街に近かったら…。

もう少し駅に近かったら…。

手に入る価格帯なだけに惜しい気がしますが、どうなんでしょう?

これって「購入アリ」なんでしょうか。

そういえばスーパームーン、雨の合間に見ることができました。
次に見れるのは18年後…。
う~ん、その頃っていったいどうなっているのでしょう?
考えてしまいましたねえ。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR