HOME
INDEX
RSS

実は入居付けは竣工時が大変

以前は「新築」という強みで、竣工時の入居付けはそう厳しくはなかったのですが、こうも乱立してくると同じ時期に数戸~数十戸埋めなければならない竣工時が一番入居付けが大変かもしれません。

まだ新築があまり多くないエリアではそんなことはないのでしょうが、コロビビがRCに取り組んでみて肌で感じたことはこれです。

これまでもコロビビの物件や同じエリアにあるライバル物件の入居付けの苦労は、何度も書いたのでご存知だと思います。

これでも春の竣工から9カ月も経つとライバル物件もほぼ満室になり、同じようなスペックの物件の空室は見当たらなくなりました。

こうなればこの時期に空室が一戸出たとしても、竣工時の様な厳しさはありません。

転居を考えている人の数が少なくても、この春の新築ラッシュの際は、近隣の同じ新築、同じ様な家賃、同じスペックの部屋は何十戸も募集が掛けられていました。

その中で入居者を獲得するのは、繁忙期とはいえかなり厳しかったのです。

でもその厳しさを乗り越えれば、後は一気に埋めなければならない訳ではないので、かなり気が楽です。

コロビビが今後手掛けるとしても、多分2~30戸止まりのボリュームでしょうから、半年みていれば何とかなりそうです。

そうなるとローンの返済の猶予期間と返済比率さえ気をつけておけばいいのかなとも思いますが、当初は新築なのだから…なんてもっと簡単に考えていましたねえ。

これも賃貸物件乱立の影響ですね。

もっと大規模な物件を手掛けてらっしゃる方にとっては当たり前のことでしょうが、新米零細大家のコロビビにとっては、
「新築なのに半年も満室にならない。」
なんてのは、やっぱり不安になってしまいます。

冷静に考えればそんなに怖いことではないのですが、これも経験しないと頭では分かっていても不安はなかなか消えませんでした。

この激戦区でもある程度の見通しを持つことが出来てので、次はもっと戦略的に取り組めそうです。

このところ女性が犠牲になる殺人事件が多いですねえ。
もはやオートロックに防犯カメラは必須アイテム。
更に安心出来る設備をアピールしていく必要もあるかもしれません。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR