HOME
INDEX
RSS

そうか、一棟目がうまくいったからか…。

属性のお陰で融資がうまくいっていると思っていたコロビビ。

しかしどなたかのブログで、
「一棟目がうまくいけば、二棟目からの融資は案外簡単になる。」
という記事を読んで、ああ、なるほどと思いました。

今、年収300~600万円の人で、不動産投資を始めようとしている人が、まずぶち当たるのが一棟目の融資が付かないということ。

だから融資が付きやすい融資とセットの新築アパートにみんな飛び付くのですよね。

もちろん自己資金があれば、年収5~600万もあれば今は融資は楽々付く世の中になりましたが、やはりよく言われるのは、
「不動産投資は、一棟目が大事」
だということです。

一棟目の事業がうまくいっていると銀行が判断すれば、その実績で二棟目の融資を持ち込んだ時、コロビビも確かに銀行側の対応が違ったことを体感しました。

もともと属性のお陰で融資に苦労しなかったのかな?と今まで思っていたのですが、
よく考えると、一棟目の物件が
「人気のエリアの駅近の新築」
という銀行の評価としては高いものだったということは、大きかったようです。

あ、もちろん融資を断られたこともあるし、自己資金を入れるようにも言われたことがあります。

しかし、基本、好条件でほぼ通るという感触で進むことができていることは、やはり事業をする上でアドバンテージが高いです。

RCでもほぼフルローンが組めたことも、それまでの実績があったからでしょう。

さらにこのRCの資産価値が高いことから、次の融資まではなんとかイケそうです。

本当は事業実績なんてまだ2~3年なので、ほとんど無いとコロビビは思っています。

でも銀行としては保有物件の価値で実績を見ているのでしょうね。

それから事業用ではなく自宅やマンションなのでの保有不動産があるのも大きいのでしょう。

これだってローンで購入しているのですから、まだ厳密な意味では自分のものではないのですが、若いうちからコツコツローンを払い続けていることが、融資を引く上で担保価値となっていくのです。

実際は担保として取られている訳ではないのですが、若い時にちょっと無理して購入したことが、今ではプラスに働いています。

よく
「賃貸物件を保有するなら、自宅は購入してはいけない。」
と言いますよね。

確かに自宅のローンは家賃を生まないからです。

しかしローンが後僅かとなった不動産は資産となります。

そう考えると、若いうちから不動産投資をしている人にとっては自宅を購入するかどうかは悩ましいところですね。

一棟目の物件が購入出来れば、銀行から物件の紹介も確かにありました。

RCの建設業者からは、レアな土地の紹介もありました。

こう考えると、今物件価格が高止まりな市場ですが
「早く一棟目を手に入れなさい。」
という考えも、なるほどなと思います。

しかし新築アパートの先は厳しいし、中古物件は思わぬ修繕費がかかると一発退場です。

ホントに一棟目って重要なんですねえ。

今沖縄物件が熱いとよく聞きますが、こんな猛烈台風が来るとなると怖いですねえ。
もちろんRC物件でしょうけれど、外壁が落ちたりもするので、中古RCは安心できません。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR