HOME
INDEX
RSS

民泊のリスクは…

本当は今が旬の民泊なので、これからはどうなるか分からないのですが、儲かる、儲かるという言葉の陰で、やはりトラブルはいろいろあるようです。

よくあるのは備品の盗難。

まあこれはホストとしても想定内のことでしょうから、高価なものを使わないこと、つまり盗られても構わないつもりで準備する必要があります。

でもたかだか3000円ぐらいの宿泊費を稼ぐために500円の備品を持っていかれては、何のための事業なのかとも思いますねえ。

トータルで多くの利益があるのなら、これも仕方が無いことですけどね。

それから近隣トラブルもよくあることですが、この対策が一番頭を悩ませることですね。

もともと今の状態では旅館業法違反なのですから、通報されて保健所に入られたり、再三の指導に従わず逮捕されたりしていることは、みなさんご存知の通りです。

では指導に従いそこで止めれば逮捕まではされないだろうということですが、管理組合に見つからないようにこっそり運営している人も、近隣トラブルによってバレてしまい民泊から撤退せざるを得なくなった人もいるようです。

では、管理組合が認めてくれればやれるのか…とも考えますよねえ。

一般的なマンションでは入居者の相当数の賛成を得なければ認めて貰えない訳ですから、ちょっと難しいですね。

しかもマンションの資産価値を下げてしまうということで、これからは管理組合の監視も厳しくなってくるのではないかと思います。

ただ、今は築年数が経った投資用マンションでは、入居者が見つからず空室になるぐらいなら、管理組合として民泊も認めようという動きもあるようです。

そんなマンションを探して民泊をやるという方法だってある訳ですね。

以前も書いた様にコロビビは保有している一棟マンションを使うつもりなので、この部分はクリアしているのですが、心配なのは他の部屋の入居者に与える影響です。

民泊で得られる利益は魅力ですが、それで他の部屋に入居が付きにくくなるようでは本末転倒です。

いつか売却する時にも不利になるようでは、得られた利益など吹き飛びます。

そして一番怖ろしいのは、この部屋が犯罪の舞台になってしまうリスクです。

不特定多数の人が出入りする訳ですから、賃貸よりもリスクが高まるのは分かるのですが、多国籍の人が利用するということでの犯罪リスクも考えられるのです。

違法ドラッグ、売春、傷害、殺人?…などなど、警察が部屋に踏み込むなんてことが起きたりしたら…ああ、もう目も当てられません。

でも心配すれば賃貸だって孤独死、殺人、自殺…などいろいろある訳なので、考えていても仕方が無いですね。

こんなリスクがあったとしても、あまりある利益が見込まれるのならば参入してもいいかなと思いますが、それもホストの質次第。

リタイア後の自分がスーパーホストになれるぐらいのことがやれるかと言われると、ちょっと語学力の面で心配があります。

法律の整備と雨後の筍の如く増えてきた民泊の今後の動向などを見ながら、決めていきたいと考えています。

その為にもブログ仲間の方や先日知り合ったホストの方に、いろいろ教えていただこうと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

シェアハウス、民泊…そんな視点で中古物件を探すとまた違ったものが見えてきます。
それにしても価格が高いので、ペイできるものはあまりありません。
妄想しながら探すのも楽しみではあるのですけどねえ。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR