HOME
INDEX
RSS

取得物件が「リスクSランク」だったら?

政府の地震調査研究推進本部が全国の活断層帯の長期評価について、
「30年以内に大きな地震が起きるリスク」を次の様に4段階に分けて公表しました。

高い順に「Sランク(高い)」「Aランク(やや高い)」「Zランク」「Xランク(不明)」

マグニチュード(M)7以上の地震を起こす主要活断層帯の少なくとも3割が最高の「S」に該当します。

こんなの公表されて、自分の取得物件がSランクというのも、いい気持ちがするものではありません。

しかもこのSランク、

「30年以内にマグニチュード7以上の地震を起こす確率が3%以上」

う~ん、3%以上…これって高いのか?
なんて思いますが、ランクは最高ランクなので高いのでしょう。

熊本地震の場合はSランクでは無かった訳なので、Sランクの場合は
「熊本地震よりも確率は高いんだから、ちゃんと備えなさいよ。」
ということなのでしょうね。

確かに熊本地震で被災された大家さんは、大変な苦境に立たされてらっしゃいます。

昨日太陽光発電のリスクについて書きましたが、地震に遭うと被害はそんなものではありません。

ローンが残っているのにも関わらず、家賃は入らないし、保険に入っていても思うような補償は得られません。

もともと半額の補償分しか加入してない方が多いのに、その金額も満額出ないことも多いのです。

コロビビが新築したRCは、もちろん最高の耐震基準で建築しましたし、手抜き工事の可能性が高い新興の格安建築会社ではなく、老舗の建築会社に施工していただきました。

けれど地盤はそれほど強いところでは無いし、地震の場所や揺れ方によっては大きな被害が出てもおかしくありません。

Sランクだといっても日本は地震国。

しかもまだ調査されていない断層は多いので、Sランクじゃないからと言って安心できません。

こんなことを心配していては物件が手に入る訳は無く、一番のリスク回避は
「賃貸物件を所有しないこと」
となってしまいます。

地震国で不動産を所有しているって、ホントリスクが高いってことですね。

災害の日になるとリスクについて考えますが、そうでないと忘れてしまいます。
これがいけないのでしょうね。
ああ、でも日々他にも考えないといけないことが多いので、ついつい…ね。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR