HOME
INDEX
RSS

絶対に間違いはありませんよ?(税金編)

「絶対に間違いはありませんよ。」
これは、かなり昔NTTの料金徴収の係りの方から言われた言葉です。

もうあまり覚えていないのですが、以前は電報を打った時、代金は送られてきた用紙を使って郵便局で振り込むようになっていたのです。

その代金が支払われていないということで徴収に来たという訳です。

少し時間が経っていたし、その時期電報を数通打ったことがあったため100%の確信はなかったものの、振り込んだ記憶がありました。

そこで
「振り込んだと思うのですが…」
と答えるとその係りの方は少しバカにしたように
「お嬢さん、われわれはちゃんと記録を取っているんです。だから絶対に間違いはありませんよ。」
と言いながら何やら書類を探しています。

それでコロビビも振り込み時に受け取った領収証を保管していたことを思い出しました。

急いで心当たりのある引き出しをさがしてみると、あった!ありました!未払いになっていると言われたその電報の領収証に間違い有りません。

それをその係りの人に見せると
「ああ、確かにこの電報の領収証ですね。分かりました。」
と言って帰られました。

? ? ?

「絶対に間違いはありません。」と言っていたことには全く触れずにそそくさと帰ってしまったため、一体どうしてこんなことになったのかは分かりませんでした。

どちらにしても領収証が無ければ、二重に徴収されてしまっていたかもしれません。

普段は整理整頓があまり得意では無いコロビビだったので、よくぞ領収証をとっていたなあと胸をなでおろしたものです。

さて、どうしてこんな昔のことを今更持ち出したかというと、
「税金だってこんな間違いがある。」
からなのです。

「ホント、こんなことあるんだ~っ!」
とコロビビ夫と二人でびっくり仰天してしまいましたよ。

ああ、本題に入るまでに長くなってしまいましたね。

明日まで引っ張ってもいいでしょうか?

興味がある方は、どうぞ明日もご訪問ください。

ホントびっくりしましたよ~!
でもこんなことがあるから、何でも
「ハイ、そうですか。」
では駄目ですね。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Comment
同じく税金で未納扱いを受けて、ある事を停止させられたことあります。
領収書は捨ててしまってましたが、銀行から振り込んだので、預金通帳に記録が残ってました。

しかも一度じゃないんです(ーー;)
酔っぱらいおやじ様、コメントありがとうございます。

やっぱりあるんですね、こんなこと。
しかも「停止させられた。」なんて!

更に「一度じゃない。」なんて…ひええ。

はああ、お役所がすることだからって鵜呑みにしていたらとんでもないですね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR