HOME
INDEX
RSS

銀行の熾烈な競争②

はあ~っ、本業が忙しくブログの更新を2日サボっていたら、訪問者数がダダ下がりしてしまいました。

今日からまた頑張ります。

さて、先日からお伝えりているローンの借り換えに関わる銀行の競争についてのお話です。

勉強熱心な若い担当さんの頑張りに報いる形で、他の物件のローンの借り換えを計画していました。

もともと低い金利で借りていたのでどれくらいのメリットがあるのか疑問でしたが、少ないメリットでも借り替えるつもりでした。

すると担当さんが提示してこられたのは、予想以上の好条件!

これはもう借り換え無いと損!と思い、現在貸していただいている銀行に違約金の正確な金額をお尋ねしました。

するとそこの銀行の支店長さんが飛んで来られて、
「こちらも新しい金利を提案させていただきたい。」
とのお願いをされました。

しかしすぐには
「その銀行と同じ金利でお貸しします。(つまり違約金や諸経費がかからない分、お得。)」
と言えないぐらいその銀行の提案は好条件なのです。

稟議にかけるためにいろいろな書類を用意するようにお願いされました。

実は支店長決裁を僅かに超える金額なので、本店に稟議をかけないといけないみたいなのです。

「やっぱり厳しいんだなあ。」
と考えていると、なんとか同じ金利で決められるように動いていらっしゃるとの連絡が、先日入りました。

前も書いた様に両天秤にかけるようなことはしたくないのですが、ここまでいい条件をいただけるのならば、かなりこちらも助かります。

でも頑張る若い担当さんのことを考えると複雑ですねえ。

もともとス○ガなどで高金利で物件を手に入れた人は、違約金がかからないタイミングで他の銀行に借り換えることでかなりのメリットを得ることが出来ます。

なので物件を購入する時には
「金利を考えず融資してくれる銀行を優先させる。」
というのは、なるほどなあと思ったものです。

でもそれと比べるとかなりの低い金利でローンを組んだコロビビ達にとっては、違約金がかかるタイミングでの借り換えなんて想定していませんでした。

でも条件次第ではメリットがあるんですねえ。

もちろん後数年待てば違約金がかからないので、そのタイミングで借り替えるのがベストです。

ただ今回もともと貸してくださっている銀行が金利を下げてくださるというのであれば、総額も変わらずに月々のCFが増えるのでこんなにいいことはありません。

まだ稟議にかかっている途中ですしなかなか厳しいみたいですが、決まってくれると嬉しいです。

陸上のリレー、銀なんて思いもよりませんでした。
10年前には想定していなかったことが起きるのですねえ。
不動産市場ならなおさらです。
今回みたいにいい方の「想定外」が起こると嬉しいのですが…。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR