HOME
INDEX
RSS

ソッコー満室を決めた間取りは?

コロビビも入居付けに苦労した新築RCのエリア。

以前もお知らせしたように当時のライバル物件は今も満室になっていません。

それでも少しづつ入居は進んでいるようなので、半年~1年をかけると満室には出来るようです。

とはいっても新築でこんな感じでは先が思いやられます。

そんな1LDK激戦区のエリアで、竣工前にソッコー満室になった物件があります。

このエリアの厳しさを身に沁みて知っているコロビビにはどうしてなのかその間取りに興味津津。

調べてみると駅近でもちろん40平米台と広いのですが、その分家賃も若干高めです。

これくらいの物件は他にもあるので、それが理由では無い筈です。

しかもこの物件低層のエレベーター無しの鉄骨造なのです。

う~ん、分かりません。

鉄骨造でも高級な造りなら分かりますが、竣工前なのでどんなグレードなのか入居者には分からない筈です。

それでバンバン入居を決めた間取りはどんなものなのでしょう?

よく見るとその物件は接道面が広いのです。

そのため、部屋は横長に取れています。

そうなのです、よくある縦長の部屋とは全然違う間取りが可能なのです。

多分一番のポイントは、カウンターキッチンでもその横を通らずに玄関からリビングに入れることですね。

これができる間取りはほとんどありません。

鉄骨造だというマイナス面も入居者はあまり気付かないでしょうから、この希少な間取りが満室に導いたのでしょう。

このエリアで駅近のこの接道面の土地はかなり高かったと想像できます。

しかし鉄骨造なのでRCと比べると建設費を抑えることができます。

エレベーター無しなのでランニングコストも抑えられます。

それで高めの家賃が取れる…ということならば鉄骨造を選択したことは正解ですねえ。

コロビビの物件も間取りがかなり強みになっているのですが、激戦区のこのエリアはやはり「差別化を図る」ということが重要なんだな~っと改めて感じました。

レスリングの女子、凄いですねえ。
でも数秒前の大逆転なので、一歩間違うと全て銀ということもあり得た訳で、そこで金を取るというのが素晴らしいですね。
この雰囲気で東京オリンピックまで景気も続いてくれるといいのですがねえ。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




そして横長の部屋なので当然リビングも寝室もどちらも窓やベランダが取れるのです。
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR