HOME
INDEX
RSS

物件に惚れてはいけませんが…

「物件に惚れたはいけない。」
これは不動産投資では当たり前のことです。

惚れてしまうと、冷静な判断が出来なくなります。

物件購入のタイミングだと、深追いして高値掴みになってしまったり、瑕疵に気付かなかったりするからです。

また売却のタイミングだと、売却価格にこだわり過ぎて売り損ねてしまうこともあります。

物件に対して愛着があると、手放すタイミングを逸してしまうことにもなりがちです。

しかし「大家」となると、また話は別です。

自分の物件を手塩にかけて管理する訳ですから、愛着が生まれて当然です。

コロビビは清掃もする訳なので、物件の細部まで分かっていて、しっかり磨きあげます。

なので物件に対する思い入れは深そうに見えると思います。

しかし意外かもしれませんが、コロビビは建てるまでは結構熱中しるものの、建ててしまうと思い入れが薄れてしまう方です。

かなり苦労して竣工に至ったRCも、一旦建てて入居が付いてしまうと、客観的に建物を見てしまうようになります。

でもここからが不思議なのですが、先日客観的に建物を眺めていると、
「これ、なかなかいい建物なんじゃないの?」
と思えてきました。

実は他の大家さんの建物が立派なので、自分のRCは比べると見劣りするなとずっと感じていたのです。

もちろん自分の物件のグレードの高さを、何度もこのブログで書いてはいました。

それは近隣の格安建築会社の物件と比べると…という話です。

知り合いのメガ大家さんや先輩大家さんの物件と比べると、利回りはもちろんですが、出来映えも全然だめだなあと思っていたのです。

しかし一段落ついて自分の物件を先輩大家さんの立派な物件と比べることなく見てみると、小さいし地味ですがなかなかしっかりしたいい建物に感じられるのです。

もちろん大型のマンションの足元にも及びませんが、同じぐらいのサイズの建物と比べると、かなりよく見えます。

客観的に見ているつもりですが、これって物件に惚れているってことなのでしょうか?

惚れているからひいき目に見えてるのでしょうか?

答えは売却が成功するかどうかで分かりますよね。

日経平均は予想通り上がりましたが、これでももとの水準に戻った訳ではありません。
以前ならこんな相場の時は、お小遣い稼ぎで短期の売買をしていたのですがね。
今はそんな資金も無いので、じっと静観です。
8月に二番底をつけるのかな?
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR