HOME
INDEX
RSS

日本の財政は健全?

選挙報道を見ていたら、とあるコメンテーターから
「日本の財政は負債が多くてもバランスが取れているので、心配しなくていい。」
という説明がありました。

ホントでしょうか?
そうならば、社会保障の財源を国債に頼ってもいい訳だし、財政再建についても悲観的になる必要もない訳です。

難しいことは分かりませんが、この意見を受けて森永卓郎さんも
「景気はよくなります。但し、格差が広がりますけど。」
とおっしゃっていたので、その言葉通り景気がよくなってくれるといいですね。

家賃は2年前は上がる様相を見せていたのですが、今はその動きがパタリと止まってしまいました。

少し広めの差別化が図られた部屋が、家賃の高さのせいで入居に苦戦しています。

景気が上向いて、その風向きが変わってくれるといいなと思います。

特に新築RCの今後が景気に左右されるので、コロビビにとっては景気が後5年もってくれれば大歓迎です。

但し格差が広がってくるのは困ったものですが、今の政権にゴーサインを送ったのですから、この傾向が広がっていくのは仕方がないこと。

こうなると若者対象の賃貸物件は、ますます低家賃になっていくのでしょうね。

雇用が3割増えたといってもそれは非正規が増えただけ。

家賃補助がある正社員ではありません。

ただ20平米未満の築古の部屋は、RCでも悲惨な家賃になっています。

ビジネスホテル2日分ぐらいなんて、なんなんだろうと思うのですが、これが現実。

これから20平米台の部屋がまた増えてくるのでしょうが、これがいつ20平米台の部屋と同じ末路を辿っていくかがわからないので怖いです。

でも利回りを出すためには20平米台でいくのが常道でしょう。

それに30平米台の1LDKが増えてきて思うような家賃が取れないとなると、投資としては20平米台のなんちゃって1LDKとか、スキップフロアーを駆使した20平米台のアパートなんかも増えてくるのでしょうね。

たとえ景気がよくなっても若者の所得が増えない世の中…賃貸経営もそれに対応していかないといけないのでしょうね。

投票率が低ければ組織票が物を言います。
その結果だったのでしょうね。
でもこれで更にアベノミクスをすすめていくのでしょう。
大丈夫でしょうか?
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR