HOME
INDEX
RSS

築5年を過ぎるとやっぱり…

コロビビが新築アパート購入を検討しているときからずっと気になってリサーチしていたのが
「築5年を過ぎてからの入居率」
でした。

当時はとりあえず同じエリアの築5年の繁忙期過ぎてからの空室状況を調べていました。

すると1Kロフトの物件は結構空室がありましたが1LDKは、空室は見当たりませんでした。
といっても、まだ1LDK自体の数も少なかったので、これは判断材料にはなりません。

マンションの空室があったのが気になりましたが、家賃の差が大きかったので、アパートとの住み分けが出来ると考えて購入に踏み切りました。

それで今回繁忙期を過ぎての募集になったので、今の築5年の入居状況をついでに調べてみることにしました。

あれから3年経って1LDKが増えてきたのですが、コロビビ夫のアパーと同じようなスペックで空室の物件はありませんでした。

築5年に広げてリサーチしてみても、空室はそこまで見当たりません。
マンションは少しはありましたが、家賃が高くて間取りが悪いので、入居が決まりにくいのかもしれません。

けれどリサーチしているうちに、別のエリアの築5年のアパートが大苦戦していることが分かりました。

まあこれは5年前に新築アパートが乱立していたので、遅かれ早かれ起きる問題と言われていました。
なので知ってはいたのですが、実際空室の数を目の当たりにすると、脅威ですね。

乱立と言えば新築RCのエリアがまさにこれと同じ状況です。
でも更に人が増えていくエリアなので、ここまで悲惨な状況にはならないと思っているのですが、どうでしょう?

3年前リサーチしているときに心配していたような状況にはまだなっていませんが、エリアと物件のスペックによっては、築5年のこうした状況は覚悟しておかなければいけないのですね。

ブラジルの景気がここまで悪くなるなんて何年か前には考えられませんでした。
でも安倍さんが言うようにリーマンショック前の様な状況というのは無理があるように思います。
景気に左右される不動産投資なので、ちゃんと判断できる政府であって欲しいのですが…
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR