HOME
INDEX
RSS

その表面利回りって、ホントかな?

昨日ブログで書いた新築物件。

販売時の想定家賃を高くして、表面利回りを高く見せるのはよくあること。

要は買う側が、きちんとその家賃が適正なのかを調べて買わなければ泣きを見るということです。

利回りを高く見せる方法は他にもいくつかありますが、家賃はちょっと調べればすぐに分かります。

それで気になって、他にも今販売されている物件の想定家賃を見てみました。

中古の場合はレントロールがあるので、購入の際はそこを注意深く見ればいいのですが、数か月後に竣工予定の物件で、まだ入居募集をしていない場合は、家賃はどうとでも想定できます。

特に今回取り組んだ新築RCのエリアの状況には詳しくなったので、同じエリアの新築物件を確かめてみました。

購入する訳ではないので、普段は表面利回りや売り出し価格には目がいきますが、想定家賃収入までは詳しく見ていません。

今回建物と部屋のスペックを考え合わせていくと、どう考えてもこの家賃は無理がありました。

売り出しの表面利回りは5%台でしたが、凄く甘く見積もっても4%がやっとです。

しかも仲介手数料や登記費用、不動産取得税、運営費用なども考えると3%台になってしまいます。

この物件はまだ売れていないことを考えると、やはりみなさんこの辺りのことに気がついているのかもしれません。

昨日ブログに書いた物件の方が、まだ想定家賃と実際の家賃との乖離は少ない上に、利回りは6%台でしたから、こちらが売れたのは理解できます。

コロビビの物件も利回りは高くありませんが、さすがに3%ということはありません。

利回りが低くても相続案件で購入される方もいらっしゃるとは思いますが、投資目的で購入される方は、表面利回りで判断されることないように気をつけられてくださいね。

血管若返りにチョコレートがいいなんてうれしいですねえ。
ポリフェノールの効能は知っていましたが、チョコレートは気付いていませんでした。
今まで甘いものは我慢していたので、これからは心おきなく食べられます。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR