HOME
INDEX
RSS

地元では無いメリット?

昨日も書いた築古専門の先輩大家さん。

先輩大家さんと言っても、コロビビよりはずっとお若い方です。

築古…というよりボロ家や再建不可アパートなどを現金で買い、高利回りで運用されているのです。

…で、今検討されていた物件が、偶然コロビビ夫の実家の近くのボロ家。

お話を伺ってみると全く土地勘はなく、価格だけで購入を検討されていました。

実はコロビビ夫の実家の近くは、もう人が減ってきたためスーパーも閉店となり、ますます住み辛くなっています。

なので地元の人間ならばこんなところの築40~50年のボロ家、しかも駐車場も無い物件なんて、頼まれても買わないと思ってしまいます。

ただその物件は実家よりはずっと別の商店街には近いし、その大家さん曰く
「バイクが置けるスペースはあるので、これでも十分イケる。」
とのことでした。

確かにこんな価格の家です。
本来ならばもっと不便な場所でしか手に入りません。

相対的に見れば「有り」なんですよね。

しかもこれで入居者がつくような安い価格で貸し出せば、そんな人は長く住んでくれます。
他に同じような物件は無いからです。

そしてボロは承知での契約なので、いろいろ修理をしろとは言いません。

多分、3~4年で投入資金は回収できます。
凄いですねえ。

なまじ地元だと
「あんな家、手に入れても何にもなんないのに…」
とか
「あんな家じゃあ、誰も借りてくれないよ。」
なんて思ってしまいます。

でも安い家賃で借りたい人は必ずいるものです。
ましてや商店街が無い訳では無い立地です。

これは確かにお買い得!

地元では無い…ということは
「余計な情報が無く物件の価値を判断できる。」
というメリットがあるのですね。

いやはや勉強になりました。

「海街diary」は原作がもともと好きでした。
映画は映画で、映像がよかったですね。
音楽も管野よう子さんだし…。
漫画・アニメファンとしては、当然のクウォリティーですけどね。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR