FC2ブログ
HOME
INDEX
RSS

見つけた物…それは!

土地値以下のボロアパート!

買付証明を持って仲介業者さんの事務所を訪れ、修繕履歴なども教えて頂いたコロビビ。

担当さんからもう少し詳しい状況をお聞きしてから、買い付けを入れるつもりでした。

外出されている担当さんをお待ちしている間、教えて頂いた修繕履歴を持って、もう一度物件を見てみることにしました。

確かに以前見た時と比べると、外壁が塗装されているせいか、築年数ほどボロには見えません。

屋根の一部分も遣り替えているのか確認できます。

しかし、見つけてしまったのです。

階段が錆びついて、ほんの少しですが穴が開いてしまっている部分があることを…。

もちろん、入居者さんがいらっしゃったので、敷地まで踏み込んで詳しく調べることは出来ませんでした。

なので、階段の劣化がどの程度のものかは分かりませんでした。

でも、最悪のことを考えて、行動する必要があります。

この階段をもし撤去して新しく付け替えるとしたら、どの程度の費用がかかるかを調べ、その分の値引きが可能かを尋ねてみることにしたのです。

そこで、連絡させて頂いたのが、親しくさせていただいている再生リフォームの名人の大家さんです。

その大家さんが、すぐに大まかな費用を教えてくださったお陰で、担当さんが戻られたタイミングで値引き交渉を行うことができました。

担当さんの口からも二階の入居者募集を停める提案が出てきたことから、やはり階段の劣化は軽くはなさそうでした。

更に今の段階では、売主さんは値引きに応じないだろうという話だったことから、買い付けは見送ることになりました。

正確に言うと、買い付けを一旦入れたのですが、修繕の様子を確かめるまで保留になっていたのです。

これは仲介業者さんからの提案でした。

コロビビが修繕履歴についてかなり突っ込んで質問していたので、詳しいことを説明できる担当さんと話をしてから買い付けを受け取りましょうということになっていたのです。

前も書いたように、この仲介業者さんとは以前別の土地についてやり取りをしたことがあったのですが、その時も同じようにとても慎重な対応をして頂いたことがあるのです。

もしかして悪い業者なら、現地調査をろくにしない不動産投資家に瑕疵担保免責で売りつけるのかもしれません。

もちろん、すぐに退去させて更地にするつもりなら構わないのですが、芸壁塗装もされ、給湯器も替えたばかりなのでコロビビとしては迷うところでした。

しかも、今入居されている方が年配の方ばかり…ということで、退去まで時間もかかりそうでしたしね。

中古物件の場合は、修繕費用、退去などのことも考えて購入することになるので、簡単ではないですねえ。

錆による穴を見つけなければ、購入した案件でした。
もちろんそれでも購入しても良かったかもしれません。
でも自己資金を投入して回収するのに時間が掛かりそうなので、まあこれでよかったと思います。
時間と資金が限られているコロビビなので、仕方無いですね。
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR