FC2ブログ
HOME
INDEX
RSS

やってみないと分からないけれど、死なないためには…

前回、「不動産投資はやってみないと分からない。」と書きました。

でも、だからやってみましょうという話ではありません。

場合によっては億のお金を突っ込む訳ですから、一発で死んでしまうことだってあります。

だから、事前に入念なシミュレーションをする必要がありますし、下手をしても最悪死んでしまわないような手を打っておく必要はあります。

コロビビの場合は自己資金を温存しておいて、いざとなったらそれで対処するつもりだったことは書いていた通りです。

それからいい立地を選んだことも、リスク回避の一つでした。

うまくいかなかった場合、売却することで損害をある程度に抑えることができると考えました。

それでも新築不動産投資は中古と比べると利回りが低いので、入居率が低いとほとんど儲けがなくなってしまいます。

中々満室にならず、やってみて初めてこんなに儲からないものなのかと分かり、傷が小さなうちに泣く泣く売却した人も多いと思います。

売却できた人はまだマシな方で、残債が大きすぎて、売却すると数千万の損になってしまうため売るに売れないという人もいるのです。

そんな悲惨な状況も招きかねない不動産投資。

コロビビが「やってみないと分からない。」と書いたのは、一般的な空室率や原状回復費及びエレベーター等のメンテナンス費用などを入力したシミュレーションの結果だけでは、判断出来ないという意味です。

もともと新築不動産投資は利回りが低いため、コロビビは最初からメンテナンスの費用があまりかからないように建築時に工夫したり、原状回復費用が少なくて済むようにしたりしているのです。

そして空室が少ない人気物件にしていけば、原状回復費も広告費も少なくてすむのですから、利回りが低くてもキャッシュフローが得られるのです。

しかも低金利で借りられたローンが、交渉することで更に金利を引き下げて頂けました。

この辺りが、やってみなければ分からない部分なのかなと思います。

全てを外部発注するのであれば、最初からきっちり厳しめにシミュレーションする必要があるでしょうね。

今のところうまくいっているコロビビですが、これから築年数が経ってきますし、銀行も閉まってきて高値で売り抜けることも出来ないので、これからが正念場ですね。


特に新築アパート投資は誰もが儲かる訳ではないので、誤解を招いてはいけないと思い書き足しました。
これからは大家力が無いと、厳しい時期になっていくのでしょうね。
頑張らなくちゃデス。
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR