FC2ブログ
HOME
INDEX
RSS

新築物件の脅威と戦うには…

賃貸経営は立地が命…というのは言うまでもないことですが、立地がいいところは土地値が高いので、結局利回りが低くなります。

なので、土地値が上がっている今は、新築不動産投資を行う場合は、土地値にしては家賃が取れるエリアを見つけ出すか、立地の悪さを補う魅力を備えた物件にするかなどの戦略が必要となります。

後者でいえば、部屋の広さや収納力、設備などで差別化を図ったり、家賃や初期費用を安く抑えたりすることでしょうか。

最近はインターネット無料は当たり前になっているのですが、その中でもネットコミック読み放題などを前面に押し出す若者向けの物件もあるようです。

ただ、コロビビのRCは若者向けではないので、インターネット無料すらやっていませんが、それでもお陰様で人気物件となっています。

やはり立地のよさは強いです。

一棟目のアパートも、立地はまあまあです。

定期的に同じエリアの新築状況をリサーチしていると、最近も新築アパートが数棟建築されていました。

しかし、全て駅からの距離があるのでちょっとほっとしています。

つまり今回もコロビビのアパートの方が、立地がいいという状況でした。

これで新築アパートの家賃が安ければ脅威となるのですが、今は土地値が上がっているので、家賃を安くすると利回りが落ちてしまうようです。

このエリアは地主さん物件は少ないため、新築アパートのほとんどは投資用のもの。

なので少なくとも7~6%台の利回りを出すためには、家賃を下げる訳にはいかないのです。

同程度の家賃であれば、新築であっても怖くはありません。

まだ築5年程度であれば、十分戦えます。

戦えなくなった時は、設備を入れ替えるのか家賃や初期費用をいじるのかを考えないといけませんけどね。

…ということは、いくら土地値が安くまあまあの利回りが出るような物件でも、周りに地主さんの土地や駐車場などがあれば、安い家賃の新築物件を建てられてしまう可能性があるので、リスクがあるということです。

新築不動産投資は、そこが難しいところですねえ。

供給過剰となっている今、次々に新築される物件と戦うには、最初から何か強みを持っていないと厳しいです。

台風で風車が根元から折れている映像が流されていましたね。
あの風車が電力会社のものか、個人のものかは知りませんが、こんなことがあると風力発電投資も怖いです。
もちろん保険は掛けているとは思いますが…。
利回りが高い投資はリスクもつきものですが、こういうのは心臓に悪いです。
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR