FC2ブログ
HOME
INDEX
RSS

売却するマンションの手残りは…

実際にマンションの売却活動に入るのは1月からですが、専任をお願いする業者さんとの打ち合わせのときに、どれくらいの手残りが出るか試算して頂きました。

その試算によって販売価格を決めようと考えたのです。

実はこのマンションの売却によって手に出来るお金は、次の新築RC計画の自己資金か、一棟目の新築RCの繰り上げ返済に使う予定にしています。

不動産投資と考えれば、本当は繰り上げ返済に使うのももったいないのですし、次の物件の融資を引くために使う方が正解だと思うのです。

しかし一棟目のRCはフルローンを組んでいて、固定期間が過ぎると金利負担が大きくなります。

もともと都心部における新築不動産投資は利回りが低く、更に当初考えていた時よりも供給過剰に陥っているので、今後家賃下落が起きると返済が苦しくなってくることも考えられます。

今のところは差別化が功を奏して順調に経営できてはいるのですが、近い将来の不安定要素に今のうちに対応しておくことも一つの方法かなとも思うのです。

つまり近い将来の不安定要素に対応する考え方は二つ。

新しいRCを建てて、そのインカムゲインで補う。

もしくは固定期間が過ぎたタイミングで繰り上げ返済をすることで、返済を楽にする。

もともとフルローンを組む時に持っていた自己資金は、マンションや別の新築アパートの購入に使っていて、数年後にももう一棟新築RCを建設する考えがあったので、RCに関しては全く資金を入れていなかったのです。

本来は5~10%、人によっては20%は入れておく方が安定経営の為にはいいと言われていますよね。

ただ金利が5年間は1%で借りられるということなので、フルローンが引けるのなら自己資金を入れなくてもいいのかなと思ったのです。

でも固定期間が終わった後の金利は思ったより上がりそうです。

新たなファミリー向け新築RCの建築用地も中々見つからない状況では、繰り上げ返済をした方がいいような気もします。

繰り上げ返済をしても、後1~2年もすれば自己資金は貯まってきますし、ファミリー向け新築RCはそれからでもいいかもしれませんしね。

まあ、マンションは3月末でないと売却できないので、本当はそれからの話なのですけれどね。

夏休みはあっという間に過ぎてしまい、早速仕事が始まりました。
でも相変わらずの暑さもあって体調が戻っていませんねえ。
体重も増えてしまって、日常を取り戻すのに暫くかかりそうです。
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR