FC2ブログ
HOME
INDEX
RSS

入居付けが強いアパート業者の戦略

5月末退去のアパート。

繁忙期が過ぎてしまった時期の入居付けに不安があったのですが、あっさり申し込みをいただいたことは前回お知らせしました。

それも新築時と同じ条件で申し込みいただいたことから、これでこのアパートの物件力が築5年目でも落ちていないことが分かってほっとしたところです。

しかし理由はそれだけではありません。

コロビビのアパートよりも先に、同じエリアの同じ会社の物件にも申し込みが入っていることを以前もお知らせしていたように、この会社、意外と入居付けは強いなという印象があります。

まあ、その物件はコロビビのアパートよりも駅から遠いため、新しいのにも関わらず敷金や礼金はとれていません。

でも、それでもライバル物件が多い中で、駅から遠いのにも関わらず入居を決めているというところが凄いのではないかと思います。

どうしてこのように入居付けに強いのかはコロビビにも分かりませんが、この会社がブランド力を高めようとしているところがその理由の一つではないかと思います。

主に、入居者の中心を占める若者をターゲットにしていることが成功しているのではないでしょうか。

コロビビは新築RCを今後も手掛けたいと思っていますが、どんなに努力しても大手のブランド戦略には到底敵いません。

毎日テレビやラジオ、ネット上で連呼・掲示されるブランド名は、自然に若者の意識に刷り込まれていきます。

すると「聞いたことのある会社の物件なら信用できる。」となって、申し込みに繋がっていくのでしょう。

もちろん企業はそのために高いCM料金を支払うのですから、逆に効果が無いと困ります。

RCの方は土地から個人で建築しているので「他にないこだわりの物件」をつくることで対抗するわけですが、アパートの方はこのブランド力の恩恵をしっかり頂くことができています。

今のところ、どちらもうまくいっているのですが、こうなると中途半端な物件が埋もれていき、家賃をさげるか広告費を使って入居させるしかなくなるということですね。

分かっていたこととはいえ、ここまで違うものかと驚いてしまいます。

不動産投資は入居がついてナンボだなあとつくづく感じますね。

まあ、もちろん勝負は築7年目からであることは変わりありません。

この時点でどの程度の入居率と家賃、敷金・礼金が取れるかが、新築アパート投資が成功するかどうかのカギになります。

しかし悪いときは築5年目で家賃下落や広告費の増加などという事態が起きる訳なので、今回一つの関門を突破した感じすね。

しかも土地の価格は1.5倍に上がっていますし、ある程度まとまった広さの土地なので、今後土地の価格や不動産価格が下がったとしても、残債以上で売却は可能と考えています。

他の物件が苦戦している話を耳にすると、安心はしていられませんが、現時点では何とか当時のシミュレーションよりはいい結果を得られています。

同じような報告が築7年時に出来るといいのですがね。

キラキラ系大家さんネタではたくさんの方に訪問いただきました。
皆さん具体的に騙されそうになったネタを期待されていたと思いますが、実際に連絡を取らなかっただけで、信じていたブログ読者は多かったことと思います。
たまたまコロビビは慎重だっただけで、一歩踏み出していたら騙されていたと思いますよ。
甘いですねえ…気を付けないと。
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR