HOME
INDEX
RSS

レオパの中古物件

昔のレオパレスのアパートが安普請だという話は、もう常識なので今さら取り立てて書く必要はないと思うのですが、どうしてあんなに隣の音が筒抜けになるのかという理由が分かったのには、合点がいきました。

単に壁が薄いだけでは無かったのですね。

コロビビのRCを手掛けた建築会社の担当者さんが、以前レオパのオーナーと知り合いだった関係で、レオパの建物のことで相談を受けたことがあったのだそうです。

しかしその担当者さんも、図面は見せて貰っても実際に屋根裏までは確認していなかったので、音漏れが凄いことはわかっても、壁材のせいだと思っていたようでした。

まあ、もちろん建物全体も安普請なので、壁単体の理由という訳ではないでしょうけれどね。

コロビビも以前は中古狙いだったので、レオパの物件をうっかり掴まないようには注意していました。

といっても、古い物件はあの特徴的なアプローチの造作物(?)があるので、見ただけで分かりますけれどね。

それと比べると某大手メーカーの建物はやはり違いますねえ。

見た感じはそんなに高級感は無いので、建築費を比較した時コロビビも
「なんでこんなに高いの?」
と思ったのですが、築年数が経つと建築費が高い理由が分かってきます。

見た目はどうにかできても、建物の傾きや建物全体の強度などは素人リフォームではどうしようもないですからね。

コロビビもこれから出てくる中古物件を狙っているので、土地狙いならいいのですが、そうでないなら建物を見る力をもう少しつけておかないといけませんね。

木造なら何とかなりますが、RCの見方を誤ると修繕費がかなりかかってしまうことがあります。

結果的には新築物件ばかり手にしていますので、中古物件購入が次の投資が成功するかどうかのカギになりそうです。

久しぶりに息子が帰省してきました。
…といっても就職の面接のためなので、一泊で戻っていきました。
それにしても就職活動にも交通費がいりますねえ。
一次はスカイプ、三次は会社持ちだそうですけれどね。
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR