HOME
INDEX
RSS

容積率が違うじゃん?!

新築RC用の土地探しをしているときに、時々出会うのがこれです。

「表示されている容積率が違う。」というもの。

もちろん、これはネットに出ている物件の話です。

銀行や仲介業者経由で土地の情報を頂くときにはこんなことは無いのですが、ネットではよくある話。

ネットに出ている段階で、もう既に川上物件では無いのですが、時々お宝物件に巡り会うときがあるのでバカに出来ません。

でも、「おっ!これはっ!」と思って問い合わせすると、容積率が間違っていました…という返事が返ってくるのです。

それがすぐに分かるならまだいいのですが、その土地の担当に連絡が繋がって初めて分かるというときもあるのです。

もう、そんなときはガックリです。

セルフですが、既にボリュームチェックを済まし、利回り計算もしていざ買い付けという段階でこう言われるのですから。

今は怪しいなと思った時は、その地域の都市計画を調べるようになりましたが、最初のころはそんなことが何度かありました。

その土地が表示通りの容積率ならば、まさにお宝物件になるところです。

また、ミスとは違うのですが、容積率は間違いなくとも前面道路の関係で制限があるなんてことも時々あります。

まあ、もしかしたらそうかなと思いつつ問い合わせをする訳なのですが、制限がなければまさにお宝物件になりそうな土地です。

ボリュームチェックをした通りの建物が建たないと分かった時は、やっぱりがっかりです。

でも、これはまあ許せるとしても、容積率の表示ミスは、がっかり感が半端ないですよねえ。

ミスした方は、
「表示ミスでしたが、何か問題でも?」
みたいな態度です。

こちらの盛り上がりと相手の態度の落差が大きいのも、
「なんだかな~っ」
と思ってしまう原因かもしれないですね。

はああ…

ボリュームチェックのときに見た夢が一気に醒めてしまう、容積率の表示ミスの話でした。

美味しいアップルパイを見つけました。
でも高~いので、う~ん…と思ってしまいます。
お金に困っている訳では無いので、これくらい何でもない筈なんですが、躊躇してしまいますね。
やはり貧乏性は治らないですねえ。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR