FC2ブログ
HOME
INDEX
RSS

郊外型新築RCを断念した理由

前回は、郊外にファミリー向けのRCを建てる計画があることをお話ししました。

このエリアはコロビビが保有している単身者用RCと比べると、新築を建てれば必ず満室になるという安心感があります。

事実、ここ数年数棟のRCが建設されていますが、無理なく満室になっているのです。

しかしこのエリアの直近の状況は仲介業者さんがおっしゃる通りなのですが、20年後のことを考えると二の足を踏んでしまいます。

今人口が増えているのは、近隣の交通の便が悪いエリアから移り住んできている世帯が多いから。

また、そのエリアに実家がある世帯が、実家の近くに住むためにと選んでいるようです。

なのでまあ、5~10年間は入居は固いと思うのです。

しかし、賃貸経営はそんな短期の事業ではありません。

ローンは30~35年組むのですから、そのエリアの30年後はどうなっているのかを当然考える必要があると思うのです。

その地域の行政の分析では、人口減による地域の衰退を危惧する内容が溢れていました。

案の定、この春のJRのダイヤ改定では、かなりの本数が削減されるとのこと。

地方の悲哀を若干感じますねえ。

もちろんそんなことは最初から分かっていたので、10年ぐらい保有して安くで売却することを想定していました。

10年後は残債が消える程度の価格での売却を、ダメでも積みあがったCF分があるので売れる価格での売却をと思っていたのです。

しかし昨今の銀行の融資状況を考えると、結局売るに売れない状況が来ても不思議ではありません。

まあ、駅2分の立地なので大丈夫かとは思うのです。

近隣の駐車場も10年は建物を建てないようですし…。

しかしもし10年経った時点で建物が建ってしまったら…戸数分の駐車場が無い郊外の物件は売却がやはり厳しくなります。

機械式立体駐車場も金食い虫ですしねえ。

う~ん、これは銀行に持ち込むまでもなく、没にした方がいいのかなと思うようになりました。

イケイケの方はこの条件ならゴーサインなのでしょうけれどね。

コロビビは、そこまで冒険しなくてもいいかなと思いました。

確実に春に近づいている陽気になってきましたねえ。
でも春から建築資材が値上がりします。
出来れば早く土地を押さえて、建築請負の仮契約が出来ればいいのですがねえ。
もう厳しいかな?
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR