FC2ブログ
HOME
INDEX
RSS

区分マンションでも、実需だったら

昨日、新築区分マンション投資の電話セールスの話を書きました。

長くなったので売却については書きませんでしたが、
「30年後は年金代わりに…」
なんてセールストークも無理がありますよねえ。

30年後の家賃は一体いくら取れることやら…。

いえいえ、それまでにどれだけの損失を被っていることでしょう。

更にその時の売却価格って、2~300万円あればいいところでしょうか。

新築投資マンションは買ったその時から価格が下がると言いますが、家賃から出された利回りで売却価格が決まってしまうので、やはり築数年でも数百万下がってしまいます。

例えば昨日のセールスのマンションの例でいえば、2200万円で家賃が7万円と言っていましたから、翌年に売却しようとしたら、利回り4%で売れたとしても2100万円にしかなりません。

これに、仲介手数料や取得した時の登記費用や取得税、固定資産税、一か月一万円の赤字が一年分、修繕積立費や広告料などのマイナスが加わってしまいます。

これが実需だと利回りで売却価格が決まれられる訳では無いので、買ってはいけないとまでは思いません。

実際先日も息子のマンションの査定価格を知らせる電話がかかってきましたが、一時期よりまた200万円上がっていました。

もちろん希少価値のある立地や広さ、間取りであることが条件ですが…。

先日超有名大家さんとお話する機会があった時、同じエリアの投資用マンションを買わずにこの実需向けマンションを買ったことをお話したのですが、その大家さんも買わなかったマンションのことをご存知でした。

「自己資金を出してでも、そっちのマンションを買っていて正解だよ。まだ数年、大丈夫だよ。」
という話でしたし、その通りまた値を戻してきたので一安心しました。

同じ新築マンションですが、ここまでの差が出るとは…。

もちろん投資した金額が違うので同じようには語れませんけれどね。

大杉漣さんが急逝されたので驚きました。
まだまだお若いし、お仕事されていた最中ですよねえ。
コロビビも本当は健康のことだけを考えて生活しないといけないのですけどね。
今、新築に向けて土地を探しているのが楽しいので、やめられません。
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR