FC2ブログ
HOME
INDEX
RSS

新築アパート5年目の状況

前回新築不動産投資の利益について書いたので、アパートの状況についても書いておこうと思います。

前回はこのアベノミクス相場のうちに売却するとどうなるかについて書きましたが、もちろん長期保有もアリかなとも思っています。

当初心配していた入居状況が、管理会社さんのおかげで苦労はしていないからです。

次の繁忙期は5年目を迎えるので、新築時から入居いただいている方の大量退去があっても不思議ではありません。

実は半数の方が新築時に入居いただいた方。

この4年の間に、仕事・結婚・健康などの状況の変化があってもおかしくありません。

でもそうなっても次の募集も新築時の家賃で募集できそうです。

近隣の物件をリサーチしたところ、まだまだ優位性が保てているようなのです。

普通は新築時の家賃は新築プレミアが乗っている金額なので、5年目ともなれば下がっていっても不思議ではありません。

また新築物件が乱立しているようなエリアでは5年も待たずに家賃の見直しを迫られることもあるでしょう。

ただ、コロビビのアパートの場合は、新築プレミアが乗っていない家賃でした。

今思えばもう少し高く家賃を設定していてもよかったのかもしれません。

…と言うか2階の部屋は当初設定されていた家賃より1000円高い金額で契約できています。

その家賃でも、築5年であっても十分に募集できそうです。

…と言うことで、5年前に心配していた家賃下落も幸いなさそうです。

これは地価と建築費の高騰のお陰で、新たな新築物件が高い家賃設定でないと利回りがでないことが関係しています。

また同じ家賃の場合新築の方が有利なのですが、利回りを出すために戸数を確保する必要があるせいか部屋が狭くなっているのです。

そうなると設備は古くても部屋が広いコロビビの物件も同等に勝負できるのです。

同じようなことを1~2年前も書いたような気がするのですが、これは年々変わってくるのかなと思っていました。

築年数が経ってきたり、近隣にライバル物件が建つと状況が違ってくるからです。

しかし5年目ではまだ大丈夫なようです。

ただし、募集をしてみないと結果はわかりません。

退去が無いと結果をご報告することはできませんが、もしあったらまたお知らせしますね。

昨日は日経平均、下がりましたね。
来年は中国の景気減速懸念もありますし、今日すぐに買いに入る気にはなれません。
まあ、暫くは上がっていくとは思うのですがね。
株は昔ほど見ていないので、買っていい株もよく分かりません。
やっぱりずっとウォッチしてないといざというとき動けません。
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR