FC2ブログ
HOME
INDEX
RSS

これって、おとり広告と関係ないよね?

先日賃貸募集に関わっておとり広告を使ったとして、40社以上の業者が処分されたというニュースが出ていました。

 消費者庁が定めている、不動産の「おとり広告」の定義は
「取引の申出に係る不動産が存在しないため、実際には取引することができない」こと、
「取引の申出に係る不動産は存在するが、実際には取引の対象となり得ない」こと、
「取引の申出に係る不動産は存在するが、実際には取引する意思がない」ことの3つ。

今回は首都圏不動産公正取引協議会が、この「おとり広告」を問題視したということのようです。

従来も厳重警告と違約金を科していたのですが、2017年1月からは、違反した事業者に対して不動産情報のポータルサイトへの広告掲載の停止処分も行うようにしているので、事業者としてもかなりのダメージになるのではないかと思われます。

…で、気になったのは、コロビビのRCのことです。

今まで気にしていなかったのですが、コロビビの物件は満室になっているのですが、なかなかポータルサイトの募集広告が消えていないのです。

一年経って空室が出た時も、すぐに入居者が決まったのにも関わらず、募集広告が半年ほどそのままにされていました。

そして次の空室の時も退去前に入居者が決まったのですが、今回調べてみると未だに募集広告がでていました。

もう入居から3か月経っているのにです。

以前も書きましたが、コロビビのRCは問い合わせが多い物件なのです。

もともと問い合わせが多くない夏の間は、ダントツで多かったそうです。

まさかこれが「おとり広告」として使われている訳ではないでしょうね?

よくあるおとり広告は、賃貸料などを実際より安価に設定して、客寄せを目的に掲載されるものです。

なので、多分おとり広告として使う目的で掲載されている訳では無いと思うのですが…。

管理と募集をお願いしいている仲介業者さんのサイトには出ていなかったのですが、他の複数の大手のサイトには出ています。これってどうなっているのでしょうね。

関係ないとは思いつつ、ちょっと気になりました。

ああ、もう12月になりますね。
早くボーナス支給日にならないかな?
でもボーナスを頂けるのもリタイアするまで…。
後何回手にできるでしょうか。
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR