HOME
INDEX
RSS

続・差別化の秘訣、エリアを知ること

前回はお洒落が一番というエリアの特徴を外してしまい、失敗した部屋のことを書きました。

実は、同じような失敗をして、新築から一年近く経つのに現在も満室に出来ていないマンションがもう一つあります。

以前「間取りを真似された?」として書いたことがある物件です。

ここは間取りはコロビビの物件と同じような感じにしてあったのですが、建築費を削るためか、なんとクローゼットの扉を引き違い戸にしているのです。

しかも天袋まで造っているのです。

これではいかにも野暮ったく、全然お洒落な部屋になっていません。

収納を増やす…という目的は達せられると思いますが、前回も書いたようにここはお洒落な生活をしたい人が集まるエリアです。

戸数が多いので、確かにかなり建築費は浮いたかもしれませんが、これでは同じ家賃で戦えません。

こんな設計にしてしまうところをみると、この設計士さん、このエリアで物件を手掛けたことがないのではないかと思いました。

コロビビがお願いした設計士さんはこのエリアでいくつか物件を手掛けたことがある方だったのです。

本来なら小さな物件を手掛けることがないような方です。

しかし今まで自分が手掛けた物件は制約があり、今回コロビビの土地は狭いながら間口が広い…ということで、今までにないような部屋にしたいという思いを実現できるということで、引き受けて頂けることになりました。

しかもこのエリアのニーズに詳しいということも、お願いすることになった理由の一つでした。

つまり、差別化を図りたいtというコロビビの思いと、今までとは違う部屋にしたいという設計士さんの思いが一致した訳です。

実は最初のプランでは、今までの物件では見ないようなロフト付きの斬新な部屋があったのですが、自治体の規制に引っかかることと引っかからないようにするためには建築費がかかるということで、断念しました。

なので、この考え方は一階の部屋にのみ生かすことにしました。

…と言っても生かすための手立ては簡単ではありませんでしたが…。

そして次のプランはモダン和風の寝室を造るプラン…。

しかしこれはコロビビがそこまで踏み切れず、没に。

だって、そこまでの冒険はできなかったのです。ニーズを外したら恐ろしい状況になりそうだからです。

次に造るとしたら、面白いかもしれませんが…。

そして最終的に決めたのが、間口の広さを十分に生かした今の間取りなのです。

この間取りを生かす設備も提案していただき、コロビビも満足の部屋が出来上がりました。

設備や床材、タイル等々、細かなことを決めていくときにも、エリアのレベルをご存知だということは大きかったです。

グレードを高くすればいいに越したことはないのですが、建築費が限られているので、そことの兼ね合いになるからです。

最初の募集の際は、間取りをイチ押しにしたネット広告になっていなかったため苦戦しましたが、その後はネットの写真を改善して、検索数・問い合わせ数とも、エリアの上位の物件にまでにすることができました。

内見の際にも仲介業者さんが、説明しやすいように色んな工夫をしています。

次回は出来ればホームステージングをして、間取りのよさを生かした家具の配置を提案していきたいなと考えていますが、これは空室にならないことには出来ないので、贅沢な悩みかもしれませんね。

つまり一言で差別化を図ると言ってもプロにお任せでは無く、エリアをリサーチして大家がすべきことがたくさんあるということです。

せっかく土地からの新築です。

とことんこだわることが、その後の安定経営に繋がっていくのだと思います。

先日も東京のマンションの買い手がいるということで電話がありました。
オリンピック前には金利が上がり、買い手も減るから今、売っておいた方がいいとセールスします。
どうなんでしょう?
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR