FC2ブログ
HOME
INDEX
RSS

何度も売りに出される物件

何年も物件リサーチをしている人にとってはよくあることですが、何度も売りに出されている物件をいくつか見かけます。

オーナーが次々に代わる物件なので、あまり良くない物件と言う人もいます。

実際はどうなのでしょうか?

もちろん買ってはみたものの思ったように入居がつかない…とか、手残りが無いということで、暫くしてまた売りに出されるということはあるでしょう。

そもそも「満室」で手に入れたと思ったら、すぐにごっそり退去があった…なんて話はあちらこちらで聞きます。

よくある手ですね。

知り合いを売却前に無理やり入居させたり、書類上入居したように見せかけていたりなんかすると、購入後退去されてしまうことになってしまいます。

そんな物件ですから、入居に苦戦して家賃下落に追い込まれたり広告料が嵩んだりして、
「この物件持っているより、傷が浅いうちに損切りしよう。」
となっての売却かもしれません。

もちろん売却時には同じ手を使って満室に持っていくのかもせれませんが…。

しかし、だからと言って全てがそんな物件と言う訳でもありません。

とある物件は、半分近く空室だったアパートを、DIYでほぼ満室に持ってき、500万円近く高い価格で売りに出していました。

短期譲渡期間が終わるぐらいの時期に売りに出していたので、利益を確定させるために売却をしているんだなと思いました。

また最近売りに出ていたアパートは、完全に売り手市場の最後と踏んで、自分が買った時の価格に数百万円上乗せして売りに出していました。

つまりDIY大家や不動産投資家が、高値で売れると踏んで売りに出している物件も今の市場では多くあるということです。

このような大家さんはこれから銀行が閉まってきても物件が買えるように、ここで一旦現金化しておくという戦略のようです。

ということは前者のように入居を偽造している可能性は低いのかもしれませんが、だからと言ってこう言った物件を購入していいかというと、それはまた別の話…。

まだ物件を手にしていない人にとっては銀行が閉まる前に一棟買っておきたいと思うのはよく分かりますが、物件が高止まりしている訳なので、低利回りで物件を回していくのはなかなか大変です。

しかも自分が数年後に売却する時には、購入金額より安い価格でしか売れない可能性の方が高いのです。

でも2年前から「もう落ちる落ちる」といわれていたのに、なかなか物件価格は落ちません。

コロビビの感覚からすると、あまりにも強気の物件の価格は落ちてきているという感じですが、それでもまだまだ高いという印象です。

なので、購入するかどうかは、それぞれの考え方次第になるのでしょうね。

ちょうど中古物件を探していた5~6年前の物件が、再び売りに出されているのを最近よく見かけるようになったので、書いてみました。

お盆休みも終わり早速本業が始まりました。
と言っても明日から土日休み。
何だかまだ体も頭もお休みモードから抜け出せていないようです。
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR