HOME
INDEX
RSS

初期費用見直しにサマーキャンペーン!

さて、繁忙期が過ぎた供給過剰のRCのあるエリアの様子を、これまでも何度かブログに書いてきました。

こうしてリサーチを続けているのは、いつなんどきコロビビの物件も同じように繁忙期を過ぎても入居がつかない…なんてことが起きるかもしれないからです。

そんな時同じようはスペックの物件がどんな対応をするかを知っているか知らないかでは、こちらの対応が違ってくるからです。

6月になってくると、各物件はいろんな手を打ってきました。

一つはオーソドックスな「初期費用見直し」

礼金2か月だったのが1か月になったり、築浅でもゼロゼロにしたり…。

実際大家とすれば、礼金が1か月でも取れればそれから広告費を出すこともできますが、ゼロゼロとなると、広告費は手出しのなってしまうので、厳しいです。

礼金を取っても一か月フリーレントとなれば同じことですね。

それから今見られるようになったのが、「サマーキャンペーン」

これは期限を区切って家賃を下げて募集するというのも。

以前お知らせしていた大手メーカーの家賃10%オフキャンペーンも同じような考え方ですね。

大手は4月末までのキャンペーンだったので、手を打つのが早かった印象があります。

しかし以前も書いた近隣のキャンペーン対象物件は、未だに入居が無いようです。

タイミングとしてはサマーキャンペーンより有効な時期にキャンペーンを打ったと思いましたが、それも必ずしも効果があるわけではないのですねえ。

しかしどちらのやり方も、初期費用の見直しや期限を切っての家賃値下げですから、家賃の値下げは極力避けていることが分かります。

コロビビも先日家具付きでの募集を考えていることをお知らせしましたが、これも家賃を下げるのは最後の手段と考えているからです。

初期費用を見直すのと違って、家具付きは長く住んで頂ければその分こちらの手残りが増えていきますし、2年未満の入居者様にとってはお得になります。

なのでコロビビが打つ手は、まずはホームステージングを含めた家具付き募集ですかねえ。

久しぶりに近隣のマンションをリサーチしてみると、いろんなマンションがあの手この手で少ない入居者を奪い合っている様子が分かって、ちょっと驚きました。

これらのマンションは全て新築が築浅の、立地も申し分ないお部屋です。

それでもこんな手を打たないと入居がつかない…まさに賃貸戦国時代に突入した感がありますね。

こんな中、新築区分マンション投資に手を出したら、かなり厳しいことになるのではないでしょうか。

コロビビは一棟投資なので、まだマシなのかなあと思ったりしてますけど…まあ、厳しさは変わらないですね。


家具付き募集にするのはいいのですが、家電製品が故障の場合はどうするのかも考えておかないといけないですね。
中古品だったらすぐ買い替えになるのでしょうけれど。
でもテレビはやはりデザイン的に新品にしないとと思ってます。
日本製なら故障もないでしょうけれどね。
 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR