HOME
INDEX
RSS

続 家具付き募集という考え方

家具付きで募集している大手の物件は、築二年でも空室が複数あって苦労していることを昨日お話ししました。

ここはアパートですが、見た感じはとてもお洒落で、家具もセンスがあります。

しかし立地がイマイチなのでこんな結果になってしまっているのでしょう。

イマイチと言ってもそこまでわるいわけではありません。

供給過剰の今ではもっといい立地の物件がいくらでもあるので、相対的に競争力が無くなってしまっているという感じです。

さて、コロビビの物件のエリアでも築浅で家具付きのマンションはかなりあります。

昨日お話したように、それはほとんどが20平米台のもので、2万円ほど高い家賃で募集されています。

2万円というのはよく考えると2年以上住まないならば入居者に取ってはお得になる金額です。

しかし2万円高い家賃は一見高く感じるので、躊躇してしまう入居者もいるのではないかという金額です。

コロビビの場合はこれを家賃一万円アップ程度でやることができます。

なぜかと言うと、業者にお任せではなくセンスの良い家具でもアウトレットで手に入れることができるからです。

30平米台の部屋でこの価格の家賃アップで家具付きにしている部屋はそう多くはありません。

結果的に20平米台の間取りの悪い家具付きの部屋と同じか安い家賃で募集できるのですから、競争力が増すのではないかと考えています。

ただ心配なのは、家賃帯が高くなる30平米台の部屋を探している人は、住み方や家具などにこだわりを持っている人も多く、特にコロビビの物件の様な間取りなどを気に入ってくださる人はその傾向が強いことです。

実際入居動機は、いくつも内見をした中で、間取りや設備が気に入ったから…という方がほとんどでした。

そんな人は、やはり自分で選んだ家具などを置きたいと考える筈です。

しかし実は半数の人が首都圏からの単身赴任の方…。

となると本当は家具付きの方が便利な筈です。

なので、とりあえずホームステージングをしておいて、家具付きの家賃も設定しておき、家具が不要ならば撤収する…という募集の仕方でやってみてもいいかなと考えています。

幸いコロビビの自宅には家具を保管しておくスペースもありますし、他の物件の部屋に退去があった場合もその家具を使うことができます。

搬入・撤収の手間はかかりますが、広告料一か月増しに比べるとなんてことありません。

家具付きの部屋を選ぶ人は、入居期間が比較的短いという問題点はありますが、入居がつくならば贅沢は言ってられない状況になってきましたねえ。

とりあえず空室対策の一つの手として考えに入れておこうと思います。

このところの晴天続きで自宅の太陽光もよく発電してくれています。
洗濯物もよく乾いてくれるので、乾燥機を使うこともなく節電もできているので、次の検針が楽しみです。
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR