HOME
INDEX
RSS

店舗物件の難しさ②

前回は店舗が上手くいかないと、
(家賃滞納→夜逃げ→自己破産→家賃回収不可能→原状回復費大家負担)
となる可能性があることをお話しました。

いくらやる気があったとしても、商売が上手くいくかどうかは分かりません。

どうにもならない状況になれば、夜逃げをしてしまう人だっているでしょう。

原状回復費を甘く見ていましたが、百万以上かかってしまうのですから、これまでの頂いていた家賃は吹っ飛んでしまいます。

さてコロビビの場合ですが、店舗に入ってくださった方は初めて自分のお店を持った若い方…。

お店のやり方を見ていると、いかにも素人っぽく、最初は見栄えを重視して無駄な経費をかけていました。

「う~ん、いい人なんだけど、これで大丈夫かな…」
とコロビビも心配していたほどです。

しかしやはり自分のスタイルを曲げることはなかなかできず、暫く我慢の経営を続けていました。

でも少しずつ認知度が上がってきて、今では人気のお店になっています。

経費感覚も出てきて、無駄な部分を削っている様子も見られるようになってきました。

ご本人も最初はここまでうまくいくとは考えてなかったみたいで、大家としてもほっとしています。

それでも何があるか分かりません。

ご本人の健康状態や家族の事情などで、この場所を離れざるを得ないことだってあるかもしれません。

しかしもしこの店舗を出ていくとなれば、原状回復はして頂けるぐらいの蓄えはできることでしょうから、最悪のケースは免れそうです。

ただこれってどっちに転ぶかはホントに分かりません。

なので店舗物件にしようと思った時の判断は、今思うと甘かったなあと思います。

コロビビ夫に
「原状回復費が大家の自腹になったとしたらどうする?」
と話すこともあるのですが、
「そうなったら自分たちで店を出すか。」
なんて話すこともあります。

家賃を払わなくていいなら、以前からやりたかった小さいお店を出したい気持ちもあるからです。

でもこの考えもいかにも危険ですね。

ただ先輩大家さんの中には、暇を持て余して居酒屋を経営されている方もいらっしゃるので、あながちこんな考えも無いことはないのかもしれません。

たまたま店舗が成功しているからいいようなものの、店舗物件はホントは難しいものだということをしっかり知っておかないといけなかったです。

店舗が上手くいっているかどうかは売却にも関わってくるので、ホントうまくいっているうちの売却も視野に入れないといけません。
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR