HOME
INDEX
RSS

供給過剰の中での入居付け①

昨日まで空室の不安について書いてきました。

供給過剰の現実は、想像より厳しいです。

人口が増えているエリアでもこうなのですから、地方の地主系大家物件が乱立しているエリアはもっと悲惨な状況でしょう。

しかし人口が増えているエリアなのであれば、やり方次第で何とかしていくこともできる筈です。

少なくともコロビビの物件は、今のところはほぼ満室経営でイケています。

もちろん新築や築浅ばかりですから当たり前と言えばそうなのですが、当たり前ではない空室物件もある中で満室経営を続けているのにはいくつかの要因があります。

一つはやはり立地です。

競合する他の物件より自分の物件を選んで頂くのに、やはりこれは大きいです。

駅に近いことはもちろんですが、接している道路幅や周りの建物、コンビニの近さ…などなどひとくくりに立地と言ってもいくつかの要因が考えられます。

RCの前面道路は申し分が無い広さなのですが、アパートの方はそこまで広くはありません。

しかし駐車場を取るために建物を道路から下げて造っているので、広々とした感じにはなっています。

またどちらの物件も近隣の建物は立て込んでいないところで、建物の並びも非常に感じがよいため、内見に来て下った方に好印象を与えることができています。

特にアパートは安い土地に建てて利回りを高く持っていく関係で、近隣に古い建物が建っていたり建物が立て込んでいたりするところに建てられたりしていることがあります。

コロビビが購入を検討して見に行ったアパートのいくつかは、アパートの前の道はまあまあの広さなのですが、駅からアパートに向かうまでの道が狭いところを歩かなければならないところもありました。

また旗竿地に建てられたアパートも多く、
「引っ越しが大変そうだな。」
と感じることもありました。

考えてみるとコロビビ保有の物件は、どちらもこういった心配はない訳です。

同じような利回りで販売されている新築アパートでも、こうした立地の違いをしっかり見極めていく必要があると思います。

コンビニ等の施設のチェックは皆さんされていると思いますが、駅からの近道がどんなところを通らなければならないのかのチェックはされているでしょうか?

これは結構大切だと考えています。

今どきの若者は物件を決めるときはそこまで考えないものですが、若い女性はやはり住んでみると気になるものです。

もし新築ゼロゼロ物件の場合は、簡単に転居されてしまう可能性は大きいです。

パーフェクトな物件はありませんので、どこかで妥協はしなければならないのですが、その場合は入居付けが難しくなることも想定しておかなければなりません。

立地は変えることができない訳ですし、入居にダイレクトに影響するので、ここはしっかり検討することが必要だと痛感します。

実際経営してみて感じる物件の力の差。
凄く大きいので、次回もこのことについて書いてみます。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR