HOME
INDEX
RSS

繁忙期が過ぎて、入居状況をチェック

コロビビは今回何とかこの繁忙期を満室で終えることができました。

新築物件に特化しているから当たり前…なんて思っていたら大間違いです。

築浅だからこそ家賃を落とさず入居者を得るには苦労があるのです。

剥離の新築不動産投資は、ここが難しいところです。

さて、コロビビがこの時期必ず行うこと…それは、いろんな物件の入居状況のチェックです。

これは物件を購入する前から行っていたことですが、一番の関心事は、同じシリーズのアパートの入居状況です。

特にコロビビより早く建った物件は、自分たちの数年後の姿を教えてくれている訳なので、今後の見通しを立てるときの目安になります。

調べてみると、やはり芳しくない結果が見えてきます。

築4~5年の同じシリーズのアパートが、繁忙期を過ぎてまだ満室ではありません。

それどころかとある物件は既に、敷金・礼金ゼロになっていました。

う~ん、これでは厳しいですねえ。

もちろんそんな物件は珍しい方で、別の物件は満室ではありませんでしたが、礼金2か月で募集できていました。

ここは立地と周りの賃貸物件の数、そして家賃との兼ね合いがあるので、一概にこの結果をもって駄目だとかいいとかは簡単には言えません。

「入居率〇%!」とアパートメーカーは謳っていますが、実際はどうなのか…というのを、自分の物件の近くのエリアだったり似たような立地の物件と比較して考える必要があると思います。

ちなみにずっと定点観察している別のアパートメーカーの物件は、この時期まだ2部屋空室でした。

築5年過ぎて新築時の家賃では入居は難しいと思われます。

しかももともとこの間取りの物件は、ここ数年苦戦を強いられているため、これからも同じような状況となることでしょう。

もう一つの物件は築5年を過ぎて既に家賃を下げて募集をしていることは、以前も書いていましたが、この春も満室とはなっていませんでした。

このようにいくつかの物件を定点観察していくと、賃貸のある程度の状況が見えてきます。

幸いコロビビの物件は今のところ、観察している物件と比べると築年数が2~4年ほど浅いため、有難いことに入居状況はとてもいいです。

これも管理会社様の力の違いなのだと思います。

しかし今後2~4年で、どう変化するかは分かりませんので、エリアの状況は常にリサーチしていこうと思っています。

コロちゃん、先日は下痢をしたかと思っていたら、今日は食べたものを全部吐いてしまいました。
朝から元気がありません。
このところ元気だったので、安心していたんですが…。
高齢なので、心配です。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR