HOME
INDEX
RSS

築一年で感じる仕事の丁寧さ

コロビビも最初は
「この金額の建築費を出したのだから、この出来栄えは当然」
と思っていたのですが、いろんな物件を見ていると、
「なかなか頑張っていただいたんだな。」
と思うことが多くなりました。

それは以前も書きましたが、細部にみられる仕事の丁寧さです。

建築に詳しくないのでお伝えしずらいのですが、皆さんにわかりやすいところで言えば、クロスの貼り方です。

よく一年経ってみるとるとクロスのつなぎ目のところに隙間が空いていることってありますよね。

特に木造の場合、B級品を使っていると木の収縮があるため、かなり隙間が空いてしまうことがあります。

(ちゃんとしたクロス屋さんならば、それも考えて貼り方を工夫されるところもあるのですが…)

RCなので木造よりも収縮によるクロスの隙間が出ることはもともと少ないのですが、中の造作には木を使っていますし、クロスのなり方が雑だとやはり見る人が見れば分かります。

でもコロビビのRCは、一年経った部屋を見ても、がっかりする箇所は一つもなかったです。

アパートメーカーが建てた物件を中古でいくつか見たことがあるのですが、そこでは何か所も見つかっていますので、木造とRCの違いはありますが、やはりこれは「建売住宅と注文住宅」みたいな違いはありますねえ。

収益物件ですので出来栄えだけでどちらがいいとは決められませんけれどね。

でもやはり「いいものを建てたい。」という気概が感じられる職人集団が造ったものは、そこかしこに「愛」が感じられます。

一年経って、改めて仕事の丁寧さを知りました。

桜の季節になりましたが同時に雑草がにょきにょき出てくる季節にもなりました。
この時期にしっかり草取りをしていないと、大変な目に遭います。
しかし仕事も忙しいので、時間が取れるかなあ。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR