HOME
INDEX
RSS

1LDKより2LDK?

コロビビがRCを建てたエリアは,1LDKが飽和状態になっていることに関連して、このところ記事を書いています。

題にもあるように、今年に限ってかもしれませんが、新築はホントに2LDKが増えてきたのです。

もちろん超激戦区のこのエリア、今まで2LDKが少なかったのです。

単身者用のマンションが主流のエリアですが、もともと住みやすさには定評があるエリアなので実はファミリーや年配の方の需要も堅いエリアでもあるのです。

特にまだ下の子どもが未就学児のファミリーならば、少しリビング広めの2LDKで十分です。
(もちろん収納が充実していることが大切ですが…)

しかも上の子どもが小学生ならば、一度入居頂くと暫く退去は考えなくてもいい訳です。

退去となれば原状回復費は単身者用の比にはならないぐらいの費用がかかってしまいますが、これだけ単身者用が乱立したエリアの場合、簡単に退去されてしまい次の入居の為に使う広告費や原状回復費は、不動産経営にかなり重くのしかかってきます。

単純に考えれば2LDKより1LDKの方が,1LDKより1Kの方が利回りとしては高くなりますが、実際の手残りとなるとそう簡単ではありません。

平米数で云うと2LDKは1LDKの2倍弱になります。
しかし家賃はこのエリア、2倍取れる訳ではありません。

ただ、2LDKの場合はこれに駐車場代が加わりますので、これを含めると2倍以上の賃料収入を得ることができます。

もともと1階の入居付けは簡単ではありませんし、賃料も安く設定されます。
しかし駐車場を設置することで、逆に1階を有効に活用することができるのも、2LDKの強みです。

設備は単身者用よりも少し大きめのものを使う必要がありますが、1LDKの2部屋分の設備費と比べると半分弱で済む訳です。

エアコンを設置する必要はなくなりますし、建具代も安くなります。

細かいことを言うとコンクリートの量も変わってきますねえ。

でもこれで安くなるとは言えません。
一階の駐車場部分の建築費が加わってくるのですから。

実際は建物の形態も建築方法も様々なので単純な比較は難しいです。

しかしやり方によっては、従来言われていた単身者用より不利な2LDKの方が、利回りを高くそして実際の経営上有利にもっていくことは十分出来ると感じました。

9億円の土地が1憶円で売却されるなんていいですねえ。
どっかの学校の土地の話です。
ゴミの処理代が8億かかったなんて言ってますが、ホントでしょうか。
こんな格安の土地なら、誰もが欲しいですよね。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR