HOME
INDEX
RSS

不動産投資はババ抜き…確かに

これはクローズアップ現代でのホリエモンの言葉。

今の高値市場を見ていると、まさにそんな感じですね。

プロの大家さんは既に多くの物件を売り抜けていますし、購入した大家の中にもそれを短期間で転売し売却益を得ている人がいます。

コロビビはマイナス金利が導入される前は、2017年頃にはバブルが弾けるかも…と思っていましたが、危うさが報道されながらもまだまだ物件価格が上がっていっています。

コロビビ夫婦が一棟目のアパートを検討していた4年前の2012年頃は、もちろんバブルが弾ける不安なんて有りませんでした。

前回も書きましたが、4年前はそれまで中古物件をずっと検討していたものの購入出来ずにいた頃です。

仕方が無く新築アパート購入へと舵を切った訳ですが、そこから新築アパートの検討を始め、契約・着工・竣工と一年以上かかってしまいます。

竣工したころは、もう新築アパートが不足してきた時期で、同じ条件のアパートが一年前より1割程度高く販売されているような状況になっていました。

そして、やはり潮目が変わってきたのは、相続税が変わった2015年でしょうか。

それにここ数年、新築アパート業者の派手なCMも目立ってきましたよね。

コロビビは一度30年前の不動産バブルを経験しているので、あの時と規模は違いますが、同じ臭いがプンプンします。

あの時コロビビは自宅を購入したのですが、
「早く購入しないと、価格がどんどん上がってしまう。」
といった雰囲気が周りにはあったのです。

もちろん物件の価値は下がらないと信じて疑いませんでした。

数年後バブルが弾け、新築住宅の価格は3割程度下がり、その後20年間その水準で推移していました。

弾けたと言っても自宅だったので、売却するのでなければ価格が下がってしまっても、ローンさえ払えれば破綻をする訳ではありません。

(まあ、コロビビは自宅を売却して更に価格が半値になっていた別の家に住み替えることで、自宅の価格下落分を半分に抑えた訳ですが、普通の人はこんなことはしません。)

しかしこのところ新築住宅の価格も上がってきました。

コロビビの周りの30代の人も、
「今のうちに建てないと、どんどん土地も建て物の価格も上がってしまう。」
といって建てています。

何だかどっかで聞いた言葉ですねえ。

「不動産投資はババ抜き」
よく言われる言葉ですが、いよいよこの言葉が現実味を帯びてきたようです。

ふるさと納税の返礼品が、ぞくぞく届いています。
立派な返礼品が多くて驚いています。
年末・お正月にかけて、有難いですね。
詳しくは、またブログにてお知らせしますね。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR