HOME
INDEX
RSS

利回り3%台って、どういうこと?!

前も書いたでしょうか?

今、コロビビの物件があるエリアでは新築・築浅RCの利回りは3%台になっています。

ちょっと前までは5%台だったのですが、それはとっくに売れてしまっています。

残っているのは、条件が劣るもののみ…。

う~ん、こんな物件が出回っていると、銀行に出禁になるの覚悟で売りたい衝動にかられますねえ…。

しかし、コロビビの物件は、今3%で出ている物と比べると、いくつかの部分で見劣りがするので、思うような金額で売れるとはかぎりませんね。

ただ、中古物件に目をやるとコロビビの物件と似た物件で築20年過ぎのものでも、7%台で出ています。

今後、20年の間にまた同じような売り手市場が来るのをじっと待たないといけないかも…ですね。

この状況、エリアの発展を見込んでのことなのでしょう。

高値圏内と言っても、まだバブルの時と比べると地価的には半分もいっていません。

まさか、バブルの水準まで上がるとは思いませんが、利回り3%でも買うような人はそのことも視野にいれているのでしょうか?

物件単体で回る水準で無いことだけは確かです。

こんな人たちの思惑通り、資産価値が上がっていってくれると嬉しいのですが、今後不動産バブルが弾けることの方が確実です。

先日のクローズアップ現代は見損ねたのですが、サラリーマンの不動産投資(しかもフルローンの)がテレビで報道されるようになると、もう既に時期的にはピークを越えてしまったということです。

今の売り手市場を考えると、コロビビが中古物件を検討していいた6年前、躊躇せずに買っていたら…と悔やまれます。

あの頃は築浅でも10%前後の物件はありましたし、築20年前後ならほとんどが10%台、中には20%前後のものも珍しくありませんでした。

かなりの数、内見までしたのですが、
「修繕費が思ったよりかかったら、どうしよう。」
「築戸で入居がつくのかな?」
なんて不安の方が強くて、結局踏ん切りがつかなかったことは、もう何度も書いていますよね。

今思えば、修繕費はキャッシュフローで賄える程度なら問題は無かった訳ですし、入居付けも多少家賃を下げても大丈夫な訳で、そう怖くなかったのですよねえ。

これ、全て利回りが高かったからこその考えなのですが、あの頃はあの利回りで高いとは思っていなかったのです。

ホント、悔やまれますが、これが後の祭りってやつですね。

さすがに4%の築古・木造物件はいくら立地が良くても売れていませんが、新築RCやD-なんとかは売れている訳で、これはもう異常な状況ですよねえ。

3%の物件…これって、やはり資産価値を狙ってのお金持ちの投資か相続税対策なんでしょうかねえ。

糸魚川市の大火、原因が鍋の空焚だなんて…。
いくら賠償責任が無いといっても、これってキツイですよねえ。
命を奪った訳では無いけれど、人々の資産、生活、思い出、歴史的な価値など様々なものを奪ったことになるのですから。
改めて火事の怖さを感じました。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR