HOME
INDEX
RSS

本当のピンチは…

汚部屋一歩手前の浴室は、予想に反して優れ物のカビ取り剤でなんなく解決して一安心したところでした。

しかし息子曰く
「ホントのピンチはこれなんだよ…」
といって見せてくれたのは、キッチンの引き出しでした。

なんと、引き出しの内部がバキバキに破損していたのです。

なんで、こんなことになっているのか、全く分かりません。

しかもその後部屋をよく見ると、あらゆるところにキズがあるのです。

どうもこのご家族、賃貸に住んでいるという自覚が無いような感じでした。

コロビビが賃貸に住んでいるときは、椅子の足には床にキズが付かないようにカバーを付けたりしていました。

もちろんこの家族はそんな配慮は全くなく、ダイニングテーブルの下にも無数のキズ。

何故かウォークインクローゼットの中にもキズ。

階段下収納にもキズ…はああ、

しかし全て大きなキズでは無い為、息子は請求しなかったということです。

うん、コロビビとしてもペット礼金を取っているとなると、請求は微妙かなと思いました。

それにしても、キッチンの引き出しの破損と言い、キズだらけの床と言い、ため息が出ました。

なんと息子は立ち合いの時、引き出しの破損を見逃していたのです。

いくつもの引き出しを開けて確認をしてはいたのですが、その引き出しだけ開け忘れていたのだそうです。

立ち合った借主もご主人だけだたので、引き出しの破損には気付いて無かった様子です。

他の破損個所については自己申告されていたそうなので、隠した訳ではなさそうなのです。

「どうしよう、連絡して費用を負担して貰っていいかな…。」
という息子に、
「もちろんだよ、だって、これ何万円もするよ。」
と答えるコロビビ。

しかしコロビビ夫は
「立ち合いの時に見逃してるんだkら、今さら無理じゃないか?」
という意見。

さて、どうしたものやら…。

ふるさと納税ラッシュの今週。
今日はステーキ肉が届きました。
思ったより大きくてびっくり!
息子が帰省するので、大助かりです。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR