FC2ブログ
HOME
INDEX
RSS
Archive | 2019年12月27日

首都圏でないと分からなかったこと

結果的には高値で売却できたマンションでしたが、思った価格で売却するためにはかなり粘りました。

それは、立地と眺望に少し難があったからだということは前回もお伝えしていました。

でも、購入時にはまさかここまで時間が掛かるとは思いませんでした。

…というのも、コロビビが首都圏の感覚をよく分かっていなかったことが、その原因でした。

コロビビの感覚では、人気駅徒歩5~10分なら立地としてはいい方だと思っていたのです。

けれど、首都圏では駅徒歩2,3分のマンションはゴロゴロあるので、そこが人気駅でなくてもそちらを選んでしまう人が多いのです。

会社に行くために便利なら、人気駅でなくてもいい訳ですものね。

コロビビはいくつもの路線にアクセスできるターミナル駅の方が資産価値があると思っていたので、(まあ、もちろんそれはそうなのですが)その駅から5~10分ならば、問題ないと思っていたのです。

もともとターミナル駅2,3分の場所にはマンションより商業ビルやオフィスビルなんかがあるので、マンションはどうしても5~10分の立地になってしまいます。

だから、あまり立地については心配してなかったのですよねえ。

でも、こんな感覚は、実際マンションを購入しようという単身者にとは少しズレていたようでした。

もちろんその人達も売却のことを考えると、資産価値の高い物件の方を選ぶとは思うのです。

でも、ずっと独身でいるならば、売却のことを考えることなく、自分が住みやすい物件を選んで当然です。

そして首都圏では独身でいるだろうと思っている人の割合も、コロビビが持っている感覚より多いようです。

実際今回マンションを購入してくだった方は、バリバリのキャリアウーマンの方でした。

でも、この方は首都圏の方ではなかったので、コロビビと同じ感覚だったのかもしれません。

駅徒歩5~10分ならば近いと考えられたのでしょうね。

しかも有名なショップや施設などが徒歩圏内のとても便利な場所だったので、そちらの方が魅力的に感じたのかもしれません。

首都圏に住んでいる人ならば、それは当たり前に感じてさほど魅力的だとは思わないのでしょう。

分かっているようで分かっていない、この「感覚」…。

だからコロビビは怖くて新築一棟物は、地元しか建てられないなあと思ってしまいます。

ちゃんとリサーチすれば怖くないんでしょうけれどね。

慌てて年賀状を書いています。
でもその間をぬって、マンション用地の現地確認に行ってきました。
今日で仕事納めの仲介業者さんに資料を送って頂いたりして、今年も最後まで不動産関係の仕事でバタバタでした。
これが実を結んでくれるといいのですがねえ。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR