FC2ブログ
HOME
INDEX
RSS
Archive | 2018年12月27日

抜群の入居率と言っても…

以前のブログで、今のところ新築不動産投資がうまくいっているのは、
 「低金利でフルローンが引けた。」
 「土地価格が倍近くになった。」
 「今の建築費と比べると、安い価格で建築できた。」
 「入居率が抜群。」
以上の4つの幸運があったからだと話しました。

この中の、入居率について、もう少し詳しくお話します。

以前も入居率については何回か書いたことがありますが、コロビビが6~7年前に新築不動産投資を始めた時に一番不安だったのがこの入居率でした。

でも不安と言いながら、新築から5年ぐらいは楽に満室経営出来るだろうとも考えていました。

それくらい、当時は「新築ならば入居付けは楽」という状況だったのです。

コロビビも何の疑いも無くそう思っていました。

予想通り一棟目のアパートは、敷金・礼金が2か月なのにも関わらず、竣工前に満室になりました。

同様に「竣工前に満室になりました。」という話を聞きますが、最近は結構これが大変で、敷金・礼金が2か月取れていない場合もよく見かけます。

単身者用ならばまだしも、ファミリー用で敷金・礼金が1か月しか取れていない場合は、退去があった場合大家が負担する現状回復費は結構大きいので大変です。

なので敷金・礼金が2~3か月取れていて満室に出来たのかどうかは、ちゃんと見ておく必要があると思います。

でもこの時コロビビは、
「これも新築なんだから当然。」
なんて思っていました。

しかしそれから1~2年で、サラリーマンの新築アパート投資が過熱し、コロビビが住むエリアも単身者用マンションがどんどん建築されるようになると、その考えが甘かったことが分かります。

新築アパートもマンションも、竣工時に満室に出来るということはなかなか難しくなったのです。

コロビビが投資しているエリアは、単身者用でも敷金・礼金2か月が当たり前だったのに、次第に1か月になっていったのです。

そんな中、築5年にも関わらず、まだ敷金・礼金を2か月頂きながら満室を維持できているのは、結構凄いことなのではないかと思っています。

コロビビの保有物件の入居率は、どうして抜群にいいのでしょうか?

長くなったので、続きは次回に…

株が下がってますねえ。
不安要素はいくつもありますからねえ。
今日反発してくれればいいのですが…。
不動産価格も下がってきているし、いよいよ潮目が変わってくるのでしょうか?
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR