FC2ブログ
HOME
INDEX
RSS
Archive | 2018年04月29日

家賃を上げても入るよね。

超激戦区にあるRCは築3年目に入りますが、この2年間で分かったことがあります。

それは、家賃を上げても入居者は現れるのでは?…ということです。

でも実際は家賃を上げた訳ではありません。

というのも、これまでの退去のタイミングが繁忙期を外れた時期だったため、家賃を上げる機会を逸したというのが実際のところです。

しかも新築時に家賃を決めた時も、この家賃は他の同じようなスペックの物件と比べても、仲介業者さんからは高いと言われた家賃なのでした。

それでもコロビビ自身はライバル物件と比較しても、決して高くないと考えて家賃設定をしました。

仲介業者さんは、立地や部屋の広さなどで判断しているだけなので、間取りや仕様、希少性などはご存知なかったからです。

実際繁忙期でなくともネットの閲覧数はエリアでもトップクラスだし、問い合わせの数も多い…当然入居も苦労しないという状態なので、家賃の値上げはできると考えています。

そしてもう一つ、そう考える理由があります。

実は入居してくださっている方の属性を見ると、皆さん家賃を見てこの部屋を選ばれた訳ではなさそうなのです。

差別化を図った「他には無い部屋」だから選んでくださったということが分かってきました。

ということであれば、次に募集を掛けた時に家賃を値上げしたとしても、選んでくださる方は選んでくださるだろうという思うのです。

次の繁忙期となれば築4年になります。

それでも家賃の値上げは、一般的に言って可能なのでしょうか?

普通は逆に家賃を下げたり、敷金・礼金を無しにしている物件が多いし、実際同時期に竣工したライバル物件はそうしているので、本当はどうなるのか分かりません。

別に少しぐらい家賃を上げたからと言って、CFがそう増える訳ではないので、これまで通りの条件で募集した方が無難なのかもしれません。

でも出口としての売却の時に、これが効いてきます。

新築のライバル物件がどんどん建ち続けているエリアですが、ちょっとこの挑戦をしてみますね。

差別化を図ったといっても、ほんのちょっとの差でもあります。
でも「他には無い」という強みは、大きいみたいですよ。
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR