FC2ブログ
HOME
INDEX
RSS
Archive | 2017年10月20日

空室になりがちな新築RCの一階の対策②

新築でも一年経っても空室になっているマンションの一階についてです。

造ってしまってからできる対策は家賃を下げたりフリーレントをしたりするということぐらいなので、この対策は計画をするとき練っておく必要があります。

コロビビがやったのは間取りの工夫です。

このことは以前も書いたのでご存知の方もいると思いますが、他の部屋で行うのには費用がかかるけれど一階だけならやっても価値があるなと考えて、間取りを立体的に使えるようにしていったのです。

そのためには天井高を確保する必要があります。

なのでアプローチに緩やかな傾斜をかけたり、いくつか段差を付けていったりして、玄関を中二階になるように設置したのです。

つまりアンダーロフトのような形にして収納スペースを確保したり、ペットと共に過ごせるような庭にしたり…と他にはない間取りにしていきました。

しかしここまでの造り込みをしなくてもできる対策があります。

今話題の猫部屋にすることも、コストをさほどかけずに人気部屋に出来るアイデアです。

更に一階にサンルームやウッドデッキを造って、猫との生活を楽しむスペースを提供することで、付加価値をつけることも可能です。

もちろん猫が脱出しないような細かな工夫が必要ですけどね。

今、苦戦している近隣のマンションもちょっとの工夫で逆に高い賃料が取れる部屋にできたのになあと思うのです。

またバイクガレージ付きの部屋にするとか、土間やインナーテラスを造るなど、少し予算はかかりますが空室が予想されるならやってみる価値はあると思います。

これからのRCは、建てれば入居がつくという時代ではなくなってきています。

立地がそれほど良くないものなら、アイデアを考え他との差別化をすることが必須になってくるのでしょうね。

台風で投票率が下がると困りますねえ。
ただでさえ若い人は投票率が低いのに…。
でもワーキングプアの人は選挙どころではないのでしょうね。
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





スポンサーサイト



プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR