FC2ブログ
HOME
INDEX
RSS
Archive | 2017年10月16日

加速する新築RCの苦境

繁忙期を逃すと新築でも竣工時に半分しか入居が決まらないことについては何度か書いています。

しかしそれは供給過剰のエリアのマンションだったり、立地や家賃設定がいまいちのマンションの場合でした。

でももう今はそんなマンションばかりでなく、人気駅徒歩2分の抜群の立地だったり家賃もそのグレードだったら納得するようなマンションであっても、なかなか入居が決まらないことを目にするようになりました。

それでも大抵は次の繁忙期が来れば満室になるものなのですが、一年経っても空室があるマンションはもう珍しくなくなりました。

更に決して供給が過剰とは思えない郊外に建てられたマンションであっても、満室に持ってくるのに苦戦しているようです。

特に一階を埋めるのには、工夫が必要です。

こんなことはコロビビがRCの計画を立てた4年前は考えられませんでした。

それでも返済比率が低いなら空室があってもローンの返済に苦しむことは無いのでしょうが、建築費が高騰している今、土地を安く入手できなかった場合は、コロビビみたいにフルローンで建てたりしていると比率は高くなってしまいます。

そうなると返済が始まるまでに部屋を埋めなくてはいけなくなるので、経営が苦しくなってくるのです。

コロビビの場合はまあ自己資金を温存していたので、ホントは焦る必要はなかったのですが、やっぱり供給過剰の事態が急に来たために困惑してしまいました。

その後は退去があっても1か月以内に次の方に入居して頂いているので、何とかうまくいっているのですが、同時期に竣工した他のマンションの中には未だに空室が続いていて、入居しても別の部屋の退去が起きるなどしているところもあります。

推定入居率は85%未満です。

新築なのにこの状況…いかに厳しいかわかって頂けると思います。

今はもうこんなことも当たり前の状況になっているので、それを見越した対策をとればいいのですけどね。

では、次回はその対策の一つについて書いていきたいと思います。

ポチの数がダダ下がり…と書いた途端、たくさんの方に訪問頂きありがとうございます。
それだけ狭小1Kを買っていいものかどうか、迷っている方もいらっしゃるというこtでしょうか。
利回りが高いので、迷いますよね。
結局立地次第と思います。
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR