HOME
INDEX
RSS
Archive | 2017年02月19日

1LDKが飽和状態になると

RCがあるエリアは、コロビビが土地を取得した頃1LDKがほとんどありませんでした。

…というのもまだまだ1LDKのはしりだったということと、土地が高いため単身者が需要の中心だったので、利回りを確保させるためにはやっぱり20平米台の1Kが主流だったのです。

そこで利回りはそこそこでいいので、コロビビは希少価値と将来の需要や売却を考えて1LDKを選択しました。

しかし建築が計画通りに進まずもたもたしている間に、気がついてみると1LDKの大型マンションが乱立し、1LDKは一気に飽和状態に…。

そうです。
いつの間にか利回りはどんどん低下していって、それが普通になっちゃったんですね。

しかも一棟建てば30~80戸のライバルが出現する訳なので、そりゃあ入居付けに苦労する訳です。

しかしこれも一年も経つと、今度は2LDKか20平米台の1Kが増えてきました。

つまりコロビビはピンポイントの悪いタイミングに竣工時期が重なってしまったという訳です。

これ計画通りに竣工出来ていれば全然違っていたのに…と悔やまれます。

さて、コロビビほどではないですが、2LDKの新築ラッシュに重なってしまった知り合い大家さんの物件も思うように入居付けが進んでいないそうです。

以前も同じエリアで新築を手掛けられたことがあって、あの時はホントに2LDKは希少でした。

なので、その時とは状況が全く変わってしまったようなのです。

でもコロビビと違うのはその物件の返済比率です。

これが低ければ満室にならなくても焦ることはありません。

時間が経てばいずれ満室にもっていける…と余裕の経営ができるのですよねえ。

コロビビなんかいろんな手を使って満室にもっていくしかありませんでした。

焦っていたこともあって、ちょっとやりすぎた感もありました。

だって手を打って1週間で3室が埋まったんですもの。

もうちょっと待てばよかったかなあと思ったものです。

…と言っても打った手のいくつかは費用は発生しないのですが、それはもっと困った時にとっておけばよかったかなあと思いました。

ホント難しいですねえ。

次回は20平米台の1Kの進化について書いてみます。

繁忙期も後半線になってからが勝負ですね。
今年の法人の動きはどうなっているのでしょう。
毎年少しづつ違ってくるのでこれも難しさの一つですね。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR