HOME
INDEX
RSS
Archive | 2016年10月12日

(設備編)自分で土地から新築をする場合

設備はその時の最新のものを導入できるという意味で、新築の強みになります。

そのエリアの同じ家賃帯の既存の物件がどの程度の設備を使っているかをもちろんリサーチしておきます。

そして最低同じレベルの設備をチョイスしないといけない訳ですが、大手アパート業者が建てた物件は同じメーカーの設備でも大量発注しいているので、実際は少しグレードが落ちるのものを使用している場合があります。

でも長い目で見れば、多少ランクが上の設備を使っていても経年劣化に強いものの方が費用対効果が高い場合もあるので、これは程度によると思います。

デベロッパーは基本売れば終わりですが、こちらはそうはいきませんからね。

コロビビの場合は高い家賃帯を狙っていた関係で、エリアでよく使われている設備より一つ上のものをチョイスしました。

これは超激戦区だったり、そんな高い家賃の物件はあまりないエリアだったりしたからです。

単身者用でも浴槽を1216にしたり、キッチンの天板を人造大理石にしたりして、ちょっと他の物件と差別化を図りました。

浴室乾燥機はもちろんですが、洗面化粧台も一つ上のグレードにしました。

これが激戦区でなければ、賃貸なのですからここまでしないでコストカットしていいと思うのです。

特に戸数が多い場合は、その費用もバカになりません。

でもコロビビの場合は戸数も少なかったので、そこまで建築費が変わらなかったのです。

ただ単身者用では魚焼きグリルは採用しませんでした。

多分このエリアに住む人はそこまで料理はしないと考えたからです。

でもコンロはもちろん2つ口ですけれどね。

これは最低限の設備です。

そしてキッチンが1500ミリと狭いので、つり戸棚には外国でよく見かける水切り付きのものにしています。

これはレードルなどを引っ掛けられるので、使い方によってはお洒落になります。

また洗った鍋をそのまま置いても乾燥できるので、すっきり片付けられるのです。

このように設備はそのエリアの状況や、設定している入居者の生活スタイルを想定して決めていくことが必要かなと思います。

「君の名は」凄いですね。
もともとあの監督のCMは背景が綺麗だなとは思っていたのですが、大型スクリーンになると圧倒的な力を発揮するのでしょうね。
まだ見ていないので、行かなければと思っています。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR