HOME
INDEX
RSS
Archive | 2016年07月30日

プロの意見と客観情報と

毎回書いていますが、コロビビは趣味で売却物件のリサーチをほぼ毎日やってます。

それと同時に、取得物件があるエリアの入居者募集の状況も頻繁にリサーチしています。

このリサーチをしていると、新築物件の間取りや家賃などを知ることが出来ますし、その部屋がどんなスピードで埋まっていくかも分かります。

書籍などを読んでも分からないリアルな賃貸市場の状況が分かるのです。

自分の物件よりも駅に近かったり家賃が安かったりすれば脅威になりますので、次の募集で苦戦した場合は、何らかの対策を打つ必要が出てきます。

これが出来るのも、地道なリサーチのお陰です。

しかし新築RCの入居付けの時は、仲介業者さんがとても楽観的だったのと、本業が忙しかった2週間ほどこのリサーチをしてなかったのですが、そのときに周りのライバル物件が募集条件を変えてきたことが、とても痛かったです。

ただ、この時も遅れはしましたが、リサーチのお陰で募集条件を変えたことが分かった訳です。

リサーチしてなかったらいつまでも仲介業者さんの意見を、
「プロが言っているんだから…。」
と鵜呑みにして決断が遅れていたことでしょう。

あの時はプロの意見が間違っていたのではなく、ライバル物件が通常では考えられないことをやってきたのです。

仲介業者さんとしては
「対応しなくても時期が来れば埋まる。」
という判断だったのでしょうが、コロビビにとってはその時期が繁忙期を過ぎてしまうのは困るということで、手を打ちました。

それから1週間で満室になったことから考えると、時期を待った方がよかったのかもしれません。

しかしそれも結果論ですし、最悪のことを考えたら手を打ったことは間違いでは無かったと思います。

この判断もリサーチをしていたお陰で即断即決でした。

超激戦区の物件でなければこんなことは有りませんが、それでも人気の駅に物件がある場合は、どんどん新しい物件が建ってくることでしょう。

自分の物件が新築・築浅のときは入居も順調でしょうが、近隣の状況は変わってきます。

コロビビも1棟目のアパートは今のところ管理会社に任せていて大丈夫なのですが、これもいつ状況が変わってくるかわかりません。

プロの意見を聞くことも大切ですし、同時に自分に必要な情報を別ルートで得ていることも大事です。

自分の判断に必要な情報は、いろんな角度で持っておくことが、いざという時迅速な決定を行えるかどうかにかかってきます。

その時のためにも、地道なリサーチは続けておきたいと思います。

何だか方向感の定まらない相場ですね。
仕方ありませんが…。
さしあたってキャッシュがいることは無いのでいいようなものです。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR