FC2ブログ
HOME
INDEX
RSS
Category | 文京区のマンション

結局、変動金利は変わらないまま

売却予定のマンションを購入したのは5年前。

その時の金利は変動で0、775%でした。

あの時は金利は低かったのですが、もうそろそろ上がってきても不思議ではないので、固定金利を選ぶかどうか迷いました。

しかし、当時はもしかして固定期間より早く売却する可能性もあった為、違約金を払うことを考えたら変動金利のままでもいいかと考えました。

それに金利が上がっても、いきなり高くなる訳ではないだろうということで、変動金利にしました。

年に二回金利の見直しがあるのですが、結果はこの5年間一度も金利は上がらず0,775%のままでした。

3月に売却したとしても、繰り上げ返済の費用はかからないので、まあ、成功だったかなと思います。

固定期間の5年が過ぎて変動金利にする方法もありましたが、固定金利は変動金利と比べると高かったので、僅かですが支払った利息も安くで済みました。

しかしこれも偶然であって、黒田総裁がここまで金融緩和を続けるとはコロビビも思っていませんでしたから、たまたまですよね。

これからは金利も上がっていくでしょうから、これからもローンを組んでいく人は固定金利の方がお得なのではないかと思います。

改めて売却までに支払う利息を計算してみましたが、この低い金利でも思ったより多かったです。

やはり元利均等支払いの場合は、支払い当初は利息ばかり払うということを実感しましたね。

このマンションの場合、期間は25年にしていたのですが、この5年数か月で支払う利息は、25年間で支払う利息の4割近くを占めていました。

だから、思ったより多く感じたのでしょう。

しかしこれだけの利息で数千万円貸して頂けたからマンションが購入出来たのですから、文句はありません。

しかも売却益まで手に出来る訳ですし、少なくとも利息の5倍、売却益がえられそうなのですから、そう考えると貸して頂いて有難かったということですね。

これもある程度自己資金があったからできたことです。
お金がお金を生むということですね。
もっとお金がある人は、もっと楽に大きな金額を手にできるということ。
不動産投資は自己資金によって特にリスクを軽減できますね。
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

綺麗に見える部屋だけど…

内見に備えて綺麗に掃除をしておいた売却予定のマンション。

掃除のやりすぎで浴槽に傷をつけるという失敗をしてしまいましたが、それも大きな問題にはならなかったようです。

でももう一つ失敗が…。

実はカーテンも綺麗にしておいた方がいいかなと思って洗濯しておいたのですが、この数年間の日差しのせいか使った時に何かに引っ掛けたせいか、小さな破れがあったようなのです。

それに気づかず洗濯機で洗った為に、干してみるとその破れが大きくなっていました。

ただ破れていただけなら誤魔化しようがあるのですが、そこからボロボロと細かい繊維が出てきます。

これじゃあカーテンを動かすたびに繊維が散らばるので、カーテンは外すことにしました。

それから換気扇のファンもついでに掃除をしておきました。

一見綺麗に見えるキッチンでしたが、結構自炊もしていたようなので、ファンにはしつこい油汚れがびっしり!

結果的にハウスクリーニングサービスが無い仲介業者さんに専任をお願いすることになったので、引き渡し前にもざっと清掃すれば済むように今のうちに念入りに掃除しておきました。

引き渡しは3月になるし、どうせ引っ越しした後清掃をする必要があります。

ハウスクリーニングの費用は5万程度と思うのですが、今のうちにこれだけ綺麗にしていれば、それも節約できそうです。

内見に備えての掃除でしたが、かなり綺麗にできましたよ。

台風が心配ですね。
何だか自然災害の心配ばかりしています。
こうなると借家の方がいいなんて考える人も増えてくるかもですね。
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




浴槽の傷は…

さて、数社の仲介業者さんが内見も兼ねた打ち合わせにマンションに来られましたので、部屋を見て頂きました。

前日に清掃し、部屋のよさが一番伝わるように家具の配置を変えて、万全の態勢で臨んだコロビビ。

それが功を奏したのか、どの業者さんも高評価。

これだけ綺麗な部屋なら内見者の心を掴むことができるだろうとのことでした。

もちろんこれで査定額が上がる訳では無いのですが、お客さんに紹介するときに、
「あの部屋はとても綺麗に使ってらっしゃいますよ。」
と伝えてくださる筈です。

「クロスも替える必要はないし、そのまま住めるので、そこはアピールできます。」
とのことでした。

もちろんクロスはコロビビが掃除をしていたからなのですが、そういえばフローリングも傷がほとんどありませんでした。

一か所あったのですが、全然目立ちません。

一見新築の部屋にも見えるぐらいです。

しかし問題は浴槽の傷。

そのことをお伝えして見て頂いたのですが、業者さんは全員問題ないとのご意見。

業者さんがそうおっしゃるなら、安心しました。

シミのままなら確実に気になりますが、よく見ないと分からない傷なら大丈夫のようです。

やっちまった!と思っていましたが、結果オーライのようです。

本来ならここまでやる必要は無いのでしょう。
でもちょっと清掃しただけで部屋が見違えるように綺麗になるので、やっぱりやりたくなるのですよねえ。
仲介業者さん全員が驚かれるほどだったので、手応え十分でした。
でも実際は内見時にこの綺麗さを維持しないと意味が無いのですけれどね。
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





またやっちまった!ハウスクリーニング失敗

さて、先日からマンションの売却に向けていくつかの仲介業者さんとの打ち合わせをしている話をお伝えしていました。

このマンション、もともと売り物件を探している業者さんが、謄本を挙げて営業活動をしてきていて、どの業者さんも一度部屋を見て査定させて欲しいと話してきます。

そこで、今回の打ち合わせの機会に部屋も見て頂くことになりました。

けれど、普段は息子が一人で住んでいる部屋。

男の子の割には綺麗に住んでいるのですが、細かいところはやはり掃除が行き届いていません。

少しでも印象が良くなるようにと、これからの内見に備えて、少し掃除をしておくことにしました。

一番のネックはベランダとそこに置いている室外機の汚れ。

そして浴槽に付いたシミです。

ベランダの汚れは何とか地道に拭き取れば落とすことができたのですが、浴槽のシミはよくある湯垢とは違います。

でも少し盛り上がっている感じもあるので、湯垢であることには変わりがないようです。

傷をつけないクレンザーがあったのでそれで擦ってみたのですが、取れません。

少し目の粗いスポンジで擦ると取れそうですが、これだと傷が付きそうです。

こんな時は「茂木和哉」だと傷がつかずに取れるのかもしれませんが、生憎近くに売っている店がありません。

仕方なく、目の粗いスポンジで恐る恐る擦ってみました。

すると、傷はついていないようです。

それで安心して力を入れて擦っていき、何とかシミは取ることができました。

水で流して綺麗になった浴槽をよく見てみると…

…ガ~ン!!

細かい傷がついているじゃあありませんか…。

力を入れてしまったので、それで付
いてしまったようです。

シミが付いていた時よりはマシですが…う~ん、やっぱり遠くの店に行ってでも「茂木和哉」を手に入れてやるべきでした。

さて、これが仲介業者さんの評価にどうつながるでしょうか…。

先日ふらっと入ったウナギ屋さんが、ジョン・レノンが来店したという店でした。
昭和の雰囲気漂う店で、味もよかったですよ。
何だか得した気分でした。
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




お願いした専任業者さんは…

どこに専任をお願いするか迷って、某有名ブロガーさんに連絡したコロビビ。

収益物件の相談では無かったものの、快く相談に乗って頂きました。

これまでお話をした業者さんのことをお伝えすると、高値査定をする大手さんは、やめた方がよいとのこと。

やはり高値査定は専任を取りたいためで、すぐに価格を下げるようにいってくるという話は本当だということでした。

では一番低い査定をしてきたC社がいいのでしょうか?

するとそのブロガーさんがおっしゃるには、もっといい業者さんがいるとのことでした。

そこは大手では無いため、コロビビは全く名前を聞いたことがないような業者さんです。

しかしその方がおっしゃるには、顧客を持っているし新聞広告などもちゃんと打って地道に売却活動をしてくれる業者さんさんだということでした。

そこでブロガーさんにお礼を伝え、急遽、その業者さんに連絡を取ってみたのです。

お話を伺ってみると、そこは中規模の会社なので、大手がやっているようなインスペクションやハウスクリーニングサービスなどはやっていないとのこと。

しかし両手欲しさの囲い込みなどはしないとの話でした。

もちろんその言葉が本当かどうかは分かりませんし、大手がやっているサービスが受けられないのは正直痛いです。

しかもこの業者さんの査定はC社ものより若干高い程度…ということはこの価格が固い価格だということのようです。

これはコロビビの売却希望価格より200万円低いのです。

しかし固い価格を提示する業者さんの方が信用できますし、サービスに関しても築浅のマンションなのでどうしても必要な訳ではありません。

何よりきめ細かな売却活動をして頂けそうです。

なので、ここに専任をお願いすることになりました。

一応最初の売り出し価格はコロビビの売却希望価格より少し高い価格で出してみて、反響を見て頂くという打ち合わせをしましたが、どうでしょうかねえ。

この築年数のマンションが少ないと思っての売り出し価格なのですが、以前も書いたように3~5年古い高スペックのマンションが
この価格より300万円安い価格で出ていてまだ売れていないのです。

コロビビとしては売り急いでいる訳では無いので、適正価格で出して、すぐに売れてしまうのは何とも惜しい感じがするので高い価格で出してみたいという考えなのです。

これが吉と出るか凶と出るか…。

…と言っても引き渡しは息子が卒業する3月末になるので、実際の売却活動は来年の1月からになります。

またその頃、この結果はお知らせしますね。

猛暑のせいか、野菜の値段が上がっていたのでびっくり!
でも帰省して人数が増える時期は、高くても買わざるを得ません。
いつもこの時期は支出が増えてしまいますねえ。
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR