HOME
INDEX
RSS
Category | 税金について

税理士さんとの打ち合わせが終わりました。

本当はコロビビの規模だと税理士さんにお願いする必要は無いし、ほとんど計算も資料の整理も終わっているのですが、RCの取得についての考え方で、減価償却費がかなり変わってくるので、今回お願いしました。

すると、やはりコロビビが思っていたことと、違う見解や通達などを調べて来てくださって、思ったより取得費を多く計算出来そうな感じです。

もちろん取得費をあまり多くすることがいい訳ではないのです。

売却のことを考えるとどうなんだろう…ということも合わせてご相談したかった訳です。

しかし、税理士さんとお話をしていて、
「実際かかったのに、使わない費用が出るのはもったいない。」
とか
「売却の場合は、こうなるので入れても構わない。」
などのお話をお聞きしながら、計算していきました。

普通の建築だとこんなに複雑ではないのですが、コロビビの場合は途中で計画変更をしているために
以前の計画でかかったものを取得費に入れることが可能なのです。

可能だからと言って入れるか入れないかは、またいろんなことを考えて選択していった…というかんじでしょうか?

しかしとても丁寧で分かりやすく話してくださる税理士さんなので、コロビビはとても助かっています。

これなら税理士費用をお支払いしても惜しくない…と思うぐらいです。

税の世界は奥深いので、素人が一生懸命調べたつもりでも、知らないことが結構ありますねえ。

三寒四温と言いますが、少しずつ春に近付いていっていますねえ。
街の花壇の花の色も華やいできていて、心も軽くなっていきます。
税金のことを考えると気が重いですが…(笑)
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

税理士さんから驚きの話が…

本来は税理士さんにお願いするような規模ではないのですが、昨年RCの竣工があったり、いろいろ難しい内容があったりするので税理士さんにご相談しています。

前も
「竣工までの土地分の利息は取得費にも経費にもならない。」
…なんて話を税務署の職員の方から聞いてびっくりした話をブログにも書きました。

不確かな話でいろいろ迷うこともあったので、いくつかの疑問を税理士さんにお尋ねしてみました。

するとお陰でほとんどの疑問は解決したのですが、コロビビが当然と思っていたことが
「場合によっては認められないこともあるんですよねえ。」
なんてお聞きしてびっくり!

確認申請の費用は当然取得費になると思っていたのですが、税理士さんによると、
「法人ではない個人だと確かめてみないとわからないんですよねえ。」
ということでした。

「多分なると思いますが、念のため確かめます。」
という感じなので、間違いが無いようにしていただけるという意味では安心です。

で、一番驚いたのが、コロビビが思ったより大幅赤字で申告できるかもしれないのです。

…ということは
「ふるさと納税した分が、お得になるどころか、ホントに手出しの寄付になっちゃう!」
ということなのです。

はああ、なんてこと!

もっと慎重に考えてやっておけば良かったです。

どうなるか分かりませんが、やっちゃいましたねえ…トホホ。

税金はいろいろ見解が違ってくるので難しいです。
もっと勉強しないといけませんねえ。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

取得費について、先輩大家さんにSOS

利息が取得費に算入できるかどうかの話の続きです。

税務署に電話して、
「利息は経費にしかならない。」
ときっぱり言われてしまったコロビビ。

帰宅してインターネットで国税庁のHPを見てみると、やっぱり算入できると書いてあります。

しかしあれだけきっぱりと言われてしまったので、何かこちらが見落としている内容があるのかなと思い、他のサイトで検索してみますが、やはり算入できそうです。

そこで先輩大家さんのお力をお借りしようと、フェイスブックで尋ねてみました。

すると先輩大家さんがすぐにお返事をくださいました。

結果はやはり「算入できると思うよ。」とのことでした!

その根拠として
「取得等に算入する借入金の利子等」
の読み方も教えていただきました。

コロビビは税務署の職員の方の「きっぱり発言」が気になっていたのですが、ちゃんとこれを根拠としていれば問題なさそうです。

但し、税理士さんに相談していたとしても、時には間違いがあったりするのが税の世界。

こちらとしては根拠を持って、領収証や書類を整理して万全を期しておく必要がありますが、こちらの読み方の違いや個別にもっている事情によっても違ってきます。

もしかしてコロビビの伝え方が悪くて、税務署の方が別の内容についての答えをされたのかもしれません。

それでも周りに先輩大家さんがいなかったら、その可能性に考えが至らず、税務署の方の回答にのみ囚われてしまったでしょうね。

ホントに「持つべきものは先輩大家さん」ですねえ。

ほんの数分後にはこうやってお返事頂けて、流石だなあと思うと同時に、わざわざ時間を割いて教えて頂けることが有難いなあと思いました。

はああ、これで取りあえず利子が無駄にならずに済みそうです。

そういえば別の先輩大家さんが、FBにふるさと納税でゲットしたカレーの画像をUPされていました。
それって、コロビビも頼もうとして頼みそびれたカレーでした。
しかしお話を伺うとかなりスパイシーだったそうで、先輩大家さんにとっては好みの味だったそうですが、コロビビには無理だったかも…デス。
こんなこともお尋ねできるのが、FBのよさですね。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



取りあえずこれで申告の作業を進めていきますね。

利息は取得費に算入していいよね?

確定申告の準備を始めたのですが、ここで確かめておきたかったことがありました。

それは昨年竣工させたRCの取得費です。

竣工までの利息は取得費に算入できるのですが、実は27年度の確定申告時に土地の経費として計上しようとしていたのです。

でも結局不動産所得は赤字だったので、計上できませんでした。

ならば取得費として参入できるはず…と思って、一応税務署に電話で確かめました。

すると、対応してくれた税務署の職員は、確かめてから後で連絡するとの返事でした。

数分後かかってきた回答は耳を疑うものでした。

なんと、利息は経費にしかならないというのです!

「ええっ、そんな!じゃあ、不動産所得が赤字の人の利息は、経費にも取得費にもできないということになるじゃないですか。」
とコロビビが驚いて反論しても、
「ええ、そうですねえ。そうなりますねえ。」
という返事です。

「でも取得費に算入できると聞いたんですけど。」
となおも食い下がったのですが、
「いえ、経費にしかできません。」
ときっぱり言われちゃいました。

このとき国税局のインターネットのページを閲覧できなかったので、
「確かあそこに書いてったはずだよなあ。」
と思いながら、あまりにもきっぱり言われたことと、一度確かめた後の回答だったことで、それ以上は反論できませんでした。

新築RCは土地を購入してから竣工までに時間がかかったこともあって、利息は結構な金額になります。

しかも竣工の年度は他の経費もかかるので、不動産所得が赤字になるのは珍しいことではありません。

もちろんコロビビは本業の所得があるうちは、損益通算で税金が戻ってくる方を選んでいます。

これからも物件を購入予定の人は、不動産所得が赤字になるようでは次の融資が厳しくなる為こんなことはしないのですが、コロビビの場合は後数年は物件を購入する予定は無いからです。

本当は27年度の確定申告時の利息の取り扱いをどうとらえればよいかを尋ねるつもりだった電話が、とんだ結果となってしまいました。

さて、どうする???

明日から春節。
しかし爆買いは本当に鎮静化しているみたいですね。
エアビーも飽和状態で、撤退する大家さんも出てきたし…。
やはり中国頼みの事業は難しそうです。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

田舎と人気エリアの固定資産税が一緒?

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR