FC2ブログ
HOME
INDEX
RSS
Category | デザイナーズ物件

入居者様のおめでた

息子保有のデザイナーズ物件は、ファミリーにご入居いただいたお陰で、ここのところ入退去は無く順調に経営が出来ています。

しかし一件のファミリーは実は新婚さんで、まだまだお若いお二人なので、結構高い家賃を払っていけるのかと実は要らぬ心配をしていました。

それでもお二人の保証人でもあるご実家が地元の方なので、まあ大丈夫だということで借りて頂いています。

でもコロビビが心配していたのは、若くて結婚された方が最近は簡単に簡単に離婚されてしまうこと。

詳しくは書けませんが、ちょっとこのお二人、そんな心配をしてしまうような部分が見受けられたらしいのです。

離婚となれば即退去となってしまうので、それを息子は心配していたのでした。

でもそんなことを心配していても仕方がありません。

4月で入居して頂いて一年が過ぎたのですが、息子から嬉しい知らせが…。

それは入居者様にお子様が生まれたということです。

新しい命の誕生ということはもちろん嬉しい出来事ですが、大家からするとこれで暫くは退去の心配がなくなったということですので、正直安心です。

共働きでしたから、収入は減ってしまいますが、これはもちろんちゃんと考えて入居されている筈ですので問題は無いでしょう。

もともと子育てしやすいというコンセプトで造った庭付きの戸建賃貸です。

お子様が生まれることで、更にそのよさを感じて長く住んでくださると嬉しいです。

息子は不動産賃貸業をどんどん広げていくというよりは、本業の収入の補填として不動産投資を考えているので、戸建賃貸はちょうどいいと言います。

規模を拡大してきたい人には向かないと思いますが、今回の嬉しい知らせが安定経営を更に確かなものにしてくれたようで、息子も大安心の様でした。

このところ土地探しで休日は忙しくしていたせいか、庭は雑草だらけ。
慌てて草取りをしました。
花が咲いて種が出来る前に何とかしないと、悲惨なことになりますからね。
あ~っ、腰が痛い…。
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

戸建賃貸は農地が狙い目?

薄利の新築不動産投資の強みについてこのところ書いています。

新築の中でも戸建賃貸は、更に薄利です。

なので、土地をいかに安くで手に入れるかが肝になります。

戸建の場合、単身者用アパートやマンションと比較すると、必ずしも駅近である必要はありません。

じゃあ安いかというと、そうでもないのです。

良さげなものは、ほとんどが「建築条件付き」の土地だったりします。

では古家付きの土地を買って、取り壊せば…と思うかもしれませんが、そんな土地は周りも古い家が建っており、そこに新築を建ててもあまりいい感じにはなりません。

なので、新興住宅地に隣接している農地が狙い目になります。

新興住宅地ですから、周りは新しい家が立ち並んでしますし、そんなところにはスーパーなどがあるかスーパーの建設計画があったりするので、生活環境としても申し分ありません。

隣接…といってもすぐ近くの農地が運よく売り出されていればいいのですが、そうでない場合は少し離れた場所も候補に入れて農協系や地元の仲介業者から情報を得ていくといいかなと思います。

まれに競売で出る場合もありますし、ネットでも出ているので、これまでの検索に農地を加えていけばよいのです。

しかし戸建賃貸を建てるためには、農地転用の手続きを取らなくてはなりません。

また自治体によってゴミ置き場や側溝などの造り方に規制があるため、協議が必要になってきます。

これらのことをサラリーマンをやりながら一人でやっていくのには限界があるため、家屋調査士などの専門家や業者にお任せするのも一つの方法だと思います。

その費用がかかったとしても土地の価格としては抑えられているので、農地を狙うメリットはある訳です。

しかし気を付けておかなければならないのが、農地の2022年問題です。

長くなりそうなので、続きは次回に。

ガンダムの映画を,観に行きたいのですが、この年でoriginのファンは近くにいません。
く~っ、いつもこっそり一人で観に行くことになっちゃいます。
若いときはこんなではなかったのですがねえ。
ファーストガンダムを大人の時に応援していた人は、その悲哀を味わっています。
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



夏はバーベキューに、プールが定番!

新築戸建賃貸は新築アパート投資より薄利ですが、入居が長期になるのであれば安定的に経営が出来ます。

RCの建築費が高騰していることから、木造にシフトしている人にとっても検討する価値はあると思います。

ただ利回りを上げるならば、やはり連棟にして建築費を抑えることがセオリーとなるのでしょうが、コロビビは敢えて連棟にはせずしかも庭も確保するプランを選びます。

このコンセプトに合う土地を見つけるのはかなりの苦労がありそうです。

でも「庭」は外せません。

それは次々に建つライバル物件との差別化を図るためです。

戸建賃貸のメーカーは利回りを高くもってくるために、庭を造るよりは当然もう一棟増やすことを選択します。

コロビビも庭を取らなければ、余裕でもう一棟建てることはできると分かっています。

目先のことを考えるとそちらの方がいいのかもしれません。

しかし、20年後の売却も考えると、やはり「庭付き戸建」にしようと思う訳です。

また戸建といえど供給過剰になってきている今、庭があることで「庭で中型犬が飼える」物件は競争力があります。

家族とバーベキューをしたり、ビニールプールで小さな子供を遊ばせることもできます。

こんなアピールポイントのある新築戸建ては、まだ意外と少ないのです。

こう考えると利回りだけでは判断できないものって、いろいろありそうですね。

お盆の帰省ラッシュが始まりましたが、やはりお墓参りは欠かせません。
清掃に行くと既に誰かが掃除をしてくれていました。
このようなことをしっかりできる親戚関係があるということはとても貴重だなと感じます。
日頃の付き合いは希薄になってきていたのですが、ありがたいですねえ。
応援クリックもよろしくお願いします。
 ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




鍵もネットで

息子の戸建賃貸では、前の借主さんが自宅を新築されて出ていかれたので、いろんな物を残してくださっています。

各部屋の電灯や物置がそうなのですが、次の入居者の方には結構重宝されているようです。

単身者用の物件と違い、戸建賃貸では敷金・礼金を数か月分支払わなくてはなりません。

しかも築浅の物件なのですから、入居者の方はやはりカーテンや家具を新調されることが多いのですね。

なので、必要なお金はかなりの額になります。

その時に各部屋に電灯がついているというのは、意外と助かるようです。

しかし一つ問題が…。

それは物置のカギです。

以前の入居者の方はカギを使ってらっしゃらなかったようで、物置を購入された時にはもちろんあったのでしょうが、今どこに保管していたのか分からなくなってしまったとのことでした。

しかも物置を撤去しなければいけない…となると、どうしようと思っていたのだそうです。

しかしまだ購入されて2年も経っていない物置です。
廃棄するのはいかにももったいない…。

そこで次の入居者の方に使っていただくために、そのまま置いていって頂くことになりました。

もちろん物置を拭き上げたり転倒しないように固定するのは息子の仕事になります。

でも戸建賃貸を選ばれる方はほとんどが子供さんがいらっしゃるご家庭。

そんなご家族に物置は、実は必需品になっているようなのです。

「でも、カギはどうするの?」
と息子に尋ねると、
「今は、ネットで注文できるよ。」
との返事。

「へえ~っ、そうなんだ~。」
と感心していると、数日後にはカギが郵送されてきました。

今は便利になっているのですねえ。

でも、こんなに簡単に鍵が手に入るって、防犯上はどうなっているのでしょうね。

物置ぐらいなら貴重品は入れていないでしょうからいいようなものの、少し心配になっちゃいました。

コロちゃん、急に元気がなくなりました。
もう、厳しいのかもしれません。
寿命とはいえ、悲しいですね。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



入居者さまは、息子より年下

競合相手がいないため、意外に入居付けには強いことをお伝えしたデザイナーズ戸建て。

でも戸建て賃貸の一番の強みである「入居期間が長い」という特徴に反して、続けて退去がありました。

初めての退去がこんな形で少々パニクっていた息子でしたが、
「これだけ問い合わせや内見があるんだから、大丈夫だよ。」
というコロビビの言葉に心を奮い立たせ、ハウスクリーニングを頑張っていました。

そういえばコロビビだって最初の頃は
「退去の連絡が入りました。」
と管理会社の方から連絡があるたびに、この世の終わりの様な気持になってたなあ…と思いだしました。

息子は「思ってもみなかった短期の退去2件」に遭遇した訳で、コロビビのときよりももっと落ち込んでいたことでしょう。

申し込みを頂いたと分かった途端、もう表情が違ってきました。

これで、暫くは空室に怯える日々から解放されます。

そしてびっくりすることがもう一つ。

実は入居者様は、息子より年下の方なのです。

「ほら、年下なのにちゃんと長く会社に勤めて、しかも結婚してお子さんもいらっしゃるんだよ~っ」
と未だ独身の息子に小言を言うと、いつもは言い返してくる息子でしたが今回ばかりは様子が違います。

高い家賃を払えて家族を養うことができる入居者様が、自分より年下と言うことで思うところがあったようです。

大学に行っていた息子の周りでは、まだまだ結婚している友達はいないのですが、高校を出て働いている人達の中にはこうやってしっかり家庭を持って頑張っている方はたくさんいらっしゃるのです。

申し込みを頂いたことはもちろん嬉しかったのですが、話がちょっと違うところにいって、息子にとっては藪蛇だったかな?

「就任式に150万人はいた。」
というトランプさんの主張には驚きましたねえ。
安倍さんの野党批判も品が無いし…。
政治家は暴言一つで辞任に追い込まれることもあるというのに。
経済さえよければ、また支持率さえあれば、どうとでもなるのでしょうね。
溜息がでます。
応援クリックもよろしくお願いします。

 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

プロフィール

コロビビ

Author:コロビビ
物件好きが高じて、新築アパート経営に挑戦しています。ガーデニングやインテリアコーディネートも昔から好きでした。今思うと、もっと早く新築アパート経営に辿りつくべきだった。中古物件探しで、少し遠回りしてしまいました。あと、カラオケ採点バトルも趣味です。

アクセスカウンター
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR